野球人.com

TOP2017年MLB 戦力分析編 ≫ 2017年MLB戦力分析編【シアトル・マリナーズ】野球人No.1305

2017年MLB戦力分析編【シアトル・マリナーズ】野球人No.1305


球団改革の成果が、少しずつ形に。
目指すは2001年以来のPO進出

Nelson Cruz 20170507

【1】今日のチーム

シアトル・マリナーズ

2016年度成績

[成績]86勝76敗
[順位]西地区2位
[得失点差]+61(4位)
[年俸総額]1億4233万ドル(12位)
[観客動員数]226万人(18位)
[監督]ボブ・メルビン
[GM]ジェリー・ディポート


[予想オーダー]

1 SS セグラ
2 RF ギャメル
3 2B カノー
4 DH クルーズ
5 3B シーガー
7 C  ズニーノ
9 1B ボーゲルバック
8 LF ハニガー
6 CF ダイソン


[予想先発ローテーション]

ヘルナンデス
岩隈
バクストン
スマイリー
ガヤード


[救援投手]

ビンセント
シーシェック
ディアズ(CL)


【オフェンス】4点(5点満点)

昨シーズン、リーグ3位の得点力を誇った
攻撃陣に、セグラとダイソンが加入。
パワーと機動力を兼ね備えた打線となった。
ボーゲルバック、ハニガー、ギャメルといった
若手も台頭しつつあり、うまく噛み合えば
昨年以上の得点力を発揮する可能性も。
セグラとダイソンが加入した為、チームの
盗塁数は大幅にアップするだろう。


【ディフェンス】3点(5点満点)

実績のある2人(ヘルナンデス、岩隈)が
ローテの柱だが、不安も多い。絶対的な
エースであったヘルナンデスは故障が
増え、岩隈も36歳。年間を通じて健康を
維持できるかがカギを握る。そういった
意味でも、3番手のパクストンの本格開花に
期待したい。クローザーは、昨年彗星の
ようにデビューしたディアズ。平均球速
97.8マイルの剛腕だが、真価が問われる。
守備はセグラ、ダイソン、ハニガーの
加入でかなり締まった印象。


【総括】3~3.5点(5点満点)

長年、球団運営に失敗し続けてきたが、近年
光が差し込んできた。ディポートGMのフット
ワークは軽く、チームカラーに合わせた
球団改革が進む。今季は先発陣に不安が
残るものの、ワイルドカード狙いであれば
PO進出も夢ではない。とは言え、エースの
ヘルナンデスがこのまま停滞するようだと
将来設計にひずみが生まれる。今季も4月の
5先発中、100球を投げたのは1度のみ。
現在は右肩を故障しDL入りしており、
今後のパフォーマンスに疑問が残る。



【2】編集後記

例年でしたら開幕前に終わるはずの

戦力分析が5月にずれ込んで

しまいました^^;

残るはあとレンジャーズのみ!

遅くなりすみません(笑)

Comment

編集
トッププロスペクト特集も期待してます。
特にヤンキースのプロスペクト特集なんてしてもらえれば嬉しいです。笑
2017年05月08日(Mon) 16:52
Re: タイトルなし
編集
>たくわん さん

コメント有難うございます!

了解しました^^

更新が遅れていますが、
プロスペクト特集は必ず書きますね!
2017年05月14日(Sun) 23:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31