野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ これぞ2017年度版 Wild Wild West ~その2~【コロラド・ロッキーズ】野球人No.1307TOPメジャーリーグ ≫ これぞ2017年度版 Wild Wild West ~その2~【コロラド・ロッキーズ】野球人No.1307

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

これぞ2017年度版 Wild Wild West ~その2~【コロラド・ロッキーズ】野球人No.1307

Greg Holland 20170627 


【1】今日の野球人

コロラド・ロッキーズ




引き続き、大波乱のナ・リーグ西地区を
見ていきたい。



現在、47勝32敗 勝率.595 で、
大健闘のコロラド・ロッキーズ。

Nolan arenado 20170401

ご存知、このチームはデンバーという高地に
本拠地を置く為、気圧が低く、空気抵抗が
少ない。結果として打球の飛距離が伸び、
『打者は天国、投手は地獄』。



このチームを運営するGMは、常にこの条件を
前提にチームを構成せねばならず、胃が痛く
なる日々を過ごすことになる。



現在のGMは、2014年オフから務めて
いる、『秀才』ジェフ・ブリディッチ。
名門ハーバード大学を卒業した超エリートだ。

Jeff Bridich 2015年GM特集

ブリディッチは就任当初から、ファーム組織の
充実化を図り、昨年あたりから結果が少しずつ
見え始めてきた。



開幕前のロッキーズの評価は、
『地区優勝は難しいが、若手
有望株が豊富なダークホース』。



予想を大きく上回る活躍だ。

Charlie Blackmon 20170627

好調の要因は何といっても投手陣。
現在のチーム防御率4.54は、何と
ナ・リーグ9位!



チーム防御率が常に5点台で、リーグワースト
が定位置であるロッキーズにとって、これは
まさに大健闘の数字だ。



今季監督に就任したバド・ブラックは、
投手コーチ出身。数多くの投手を育て上げた
その手腕は、非常に評価が高い。

Bud black 20170627

ルーキー左腕のフリーランドは、今季
ローテーションに定着し、早くも8勝。
防御率も3点台と安定している。

※ちなみにロッキーズで防御率3点台は、
他チームの場合、2点台後半と見積もっても
いいかもしれない。



もちろん、打線も相変わらずの破壊力だ。



今やリーグを代表するスラッガーへと
成長したアレナードは、今季も絶好調。
昨年ブレイクしたブラックモンと共に、
左右の大砲として機能している。

Charlie Blackmon 201706272

ここに来て、やや失速気味のロッキーズ
だが、まだ6月下旬。このままズルズルと
落ちることなく、最後の最後までドジャースを
苦しめてもらいたいところだ。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。