野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ これぞ2017年度版 Wild Wild West ~その3~【アリゾナ・ダイヤモンドバックス】野球人No.1308TOPメジャーリーグ ≫ これぞ2017年度版 Wild Wild West ~その3~【アリゾナ・ダイヤモンドバックス】野球人No.1308

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

これぞ2017年度版 Wild Wild West ~その3~【アリゾナ・ダイヤモンドバックス】野球人No.1308

Diamondbacks 201706282 

【1】今日の野球人

アリゾナ・ダイヤモンドバックス




引き続き、ナ・リーグ西地区の現状を
見ていきたい。



2016年、ダイヤモンドバックスは、
『最も期待を裏切った』チームであった。



前年オフ、突如大補強を敢行し、総額2億ドル
以上をかけ、エース格のグレインキーを獲得。
また、超有望株であったスワンソンを放出し、
先発右腕のミラーを補強。



しかしながら結果は、見るも無残な大失敗。

Shelby Miller 20170628

期待のグレインキーとミラーは揃って
不振に陥り、野手陣も故障者が続出。
チームは低迷し、結局地区優勝どころか、
69勝93敗で負け越し、地区4位で2016年
シーズンを締めくくった。



シーズン終了後、GMを務めていた
スチュワート、監督のヘイルは揃って解任。
ダイヤモンドバックスのチーム作りは、
一からやり直しとなった。



そんな状況から、今年のダイヤモンド
バックスに期待する関係者は非常に
少なかった。

Diamondbacks 20170628

むしろ、このままグレインキーは不良債権と
なり、ミラーは伸び悩み、放出したスワンソン
は大活躍、といった事を予想するメディアも。



そんな状況の中開幕した2017年シーズン
だが、蓋を開けてみれば予想外の大健闘。



エースのグレインキーが復活し、左腕の
レイもレベルアップ。先発ローテーションは
安定的に機能している。

Zack Greinke 20170626

ミラーはトミー・ジョン手術を受ける事と
なったが、若手の台頭もあり、現状、大きな
痛手となっていない。



ちなみに現在、先発防御率3.45は、
2位のドジャースを抑え、リーグNo.1。



打線もゴールドシュミットとラムが牽引。
投打の歯車は噛み合っている。

Paul Goldschmidt 20170628

現在、首位ドジャースとのゲーム差は
わずか1.5。開幕前の評価から一転、
6年ぶりの地区優勝も夢ではなくなった。



ちなみに、現在の守護神は、40歳の
大ベテラン、フェルナンド・ロドニー。



相変わらず、好不調の波が激しく
(4月は最悪、5月6月は絶好調)、
ヒヤヒヤ・・・。まぁ、それもこの選手の
最大の魅力なのだが。



Fernando Rodney 20170628

この辺りの補強を含め、7月末の
トレードデットラインでの動きにも
注目したい。



Comment

今年のDバックス
編集
とにかく粘り強さが目立ちますね。
若手・中堅・ベテランがうまく噛み合って、若干故障者も気になりますが、このまま駆け抜けてほしいです。
2017年06月29日(Thu) 07:29
Re: 今年のDバックス
編集
>かいおう さん

コメントありがとうございます!

そうですよね、やはり
ドジャースの独壇場ではつまらないです!

2001年の、あのアリゾナの熱狂を再び!
2017年06月29日(Thu) 09:57
編集
今年はトレード市場が例年のようなデッドライン間際ではなくオールスター前後に活発になるみたいなので楽しみですね
2017年06月29日(Thu) 16:46
Re: タイトルなし
編集
>名無しさん

コメント有難うございます!

そうなのですね、知りませんでした!
いやぁ~、この時期は毎年本当に
ワクワクします!
2017年06月30日(Fri) 07:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。