野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 差し迫る、ロイヤルズの『2017年問題』【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.1309TOPメジャーリーグ ≫ 差し迫る、ロイヤルズの『2017年問題』【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.1309

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

差し迫る、ロイヤルズの『2017年問題』【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.1309

Royals 20170630  

【1】今日の野球人

カンザスシティ・ロイヤルズ



2015年、ワールドシリーズで
メッツを撃破。1985年以来、30年
ぶりにワールドチャンピオン
上り詰めたカンザスシティ・ロイヤルズ。



中規模マーケットに本拠地に置くという、
不利な条件ながら、コツコツと若手を育成。



巨額契約でスター選手を引っこ抜く、
といった荒業はできないものの、ムーアGMに
よる絶妙なトレードにより、チーム力を
着実にアップさせていった。

Kansas City Royals 20151007

自前で育てた若手と、安価なベテランを
ミックスさせたチーム構成は、

『スモールマーケット球団の戦い方』

のお手本とも言える。



しかしながらロイヤルズは現在、
非常に難しい問題を抱えている。



昨シーズン、ロイヤルズは故障者が
続出し、地区3位に低迷。チャンピオン
から一転、81勝81敗 勝率.500まで
落ち込んでしまった。

Dayton Moore 20170630

『戦力を維持して勝ち続け、王朝を築く』
という事が、いかに困難なのかを思い知ら
されるシーズンであった。



そして『非常に難しい問題』というのは、
今シーズン終了後にやって来る。



2017年終了後に、主力選手が一気に
FAとなってしまうのだ。

今シーズン限りでFAとなる選手は
以下の通り(金額は2017年の年俸)。



エリック・ホズマー 一塁手
27歳 1225万ドル


ロレンゾ・ケイン 外野手
31歳 1100万ドル


マイク・ムスタカス 三塁手
28歳 870万ドル


ジェイソン・バルガス 先発投手
34歳 800万ドル


アルシデス・エスコバー 遊撃手
30歳 650万ドル



ここ数年のロイヤルズ躍進の立役者
あり、2015年のV選手。地元のファンに
とっても、思い入れのある男たちだ。

eric hosmer 20170630

とは言え、彼ら全員と再契約を交わす
のは不可能である。



現在、ロイヤルズの年俸総額は
1億5000万ドル近くまで跳ね上がって
いると言われており、これはロイヤルズの
懐事情に見合わない状況だ。



オーナーからも年俸総額の縮小を厳命
されているとの事。

Lorenzo Cain 20170630

現在、ロイヤルズは37勝38敗
ア・リーグ中地区3位。首位の
インディアンズまで2.5ゲーム差。



プレーオフ進出も、決して無理な話ではない。
しかしながら、ここで無理に勝負に出るのも
リスクが大きすぎるように映る。



上記の選手たちを夏場に一気に放出し、
『再建モード』という選択肢もある。

※数年前まで潤沢だったロイヤルズの
マイナー人材は、現在枯渇状態。
若手有望株の獲得が急務。



1か月後に控えるトレードデッドラインで、
ロイヤルズがどのような動きを見せるのか、
非常に興味深い。

Ned Yost 2015監督特集

その動きによって、ロイヤルズの将来設計が
見えてきそうだ。



Comment

編集
マツダ様、ご無沙汰しております^_^
長らく更新が無かったので、きっと御多忙なのだろうと思っておりましたので、不意に更新されていて、変な声出ましたw

ロイヤルズ、まさにMLBを象徴する様なチームですね。
日本の球団だと、カープとファイターズが近い方針で選手を獲得、育成しているイメージです。

あと、ロレンゾ・ケインが、ロレン・ゾケインになってますよ(笑)
2017年06月30日(Fri) 09:18
Re: タイトルなし
編集
>フレンチウェイター さん

コメントありがとうございます!
お久しぶりですm(_ _)m

ロイヤルズの球団経営は良いですよね~。
仰る通り、カープとファイターズに
近いですよね^^

ご指摘、有難うございますm(_ _)m
修正します!
2017年06月30日(Fri) 09:31
編集
自前で獲得した選手を育てて主力にして、足りない部分をピンポイントにベテランで補う…少し前がレイズ、最近がロイヤルズ、そして今がカブス、何年か先にはツインズが来るでしょう。
MLBは、定期的にこの手法で黄金期を迎えるチームが現れているように思います。
少ない財力で、自前の選手を育成して、巨大戦力を持つ軍団を倒す。
野球を本格的に観出した頃、巨大戦力ジャイアンツを倒すドラゴンズを必死に応援していた自分にとっては、そういうチームの方が入れ込みやすかったりします(笑)
2017年06月30日(Fri) 10:15
編集
前の記事でトレード市場が例年より早く動くとコメントした者です
その理由として今シーズンはジャイアンツ、レンジャーズ、ブルージェイズなどの予期せぬ売り手が増えてること、トレード市場に先発投手が溢れる可能性が高いために早めに動かなければ市場のニーズが失われてしまうこと、また昨シーズンから見られる買い手の放出するプロスペクトのバリューを少しでも落とそうとしていて早めに応じて置かないと得られるプロスペクトの質が落ちてしまうことがあげられてるみたいです
2017年06月30日(Fri) 19:47
Re: タイトルなし
編集
>MLB好きなフレンチウェイター さん

コメント有難うございます!

仰る通りです!
私もスモールマーケット球団が
好きでして(笑)

彼らの球団経営は、非常に
興味深いですし、勉強になります^^
2017年07月01日(Sat) 10:27
Re: タイトルなし
編集
>名無しさん

コメント有難うございます!

なるほどですね!
分かりやすいご説明、有難うございます!

そうですよね~、今年は強豪が揃って
低迷してますので、一流選手がたくさん
市場に出そうですね。

楽しみです!
2017年07月01日(Sat) 10:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。