野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ ヤンキース期待のプロスペクト、いよいよメジャーデビューか!?【クリント・フレイジャー】野球人No.1311

ヤンキース期待のプロスペクト、いよいよメジャーデビューか!?【クリント・フレイジャー】野球人No.1311

clint frazier 20170701 


【1】今日の野球人

クリント・フレイジャー



今シーズン、ヤンキースの中で眩い光を
放つ選手がいる。もう既に全国区、ご存知
アーロン・ジャッジだ。



2013年にドラフト1順目(全体32位)
入団した、ヤンキースの期待の星。
身長2m、体重120kgを越える巨体から
繰り出されるパワーは、まさに規格外だ。

aaron judge 20170701

昨年は持ち前のパワーをアピールできた
ものの、メジャーの投手に適応できず
大型扇風機状態。



しかしながら今シーズンは見事に課題を
克服し、開幕から本塁打を量産。現在、
打率、本塁打、打点の3部門でトップ
立つ大活躍だ。



ヤンキースは近年、ベテラン偏重だった
チーム構成にメスを入れ、若手の育成に
注力。

brian cashman Joe Girardi 20160803

数々のトレードを仕掛け、現在ヤンキースの
マイナー組織は『若手有望株の宝庫』。
他球団が羨むほどの若手有望株が揃っている。



もちろん前述のジャッジも、『金の卵』
呼ばれた若手の中の一人。



そして近々、ジャッジに続き、大型新人が
メジャーデビューする予定だ。



現在AAA級に所属する外野手、
クリント・フレイジャー(22歳)である。

clint frazier 201707012

フレイジャーは2013年ドラフト1順目
(全体5位)でインディアンズから指名
され入団(ジャッジと同期)。



抜群のバットスピードで、将来的には
30本塁打の可能性を秘める逸材。



またスピード、守備共に優れており、
20盗塁もクリアできると言われて
いる。

clint frazier 201707013

フレイジャーは昨年、アンドリュー・ミラー
とのトレードでインディアンズから加入。



当初、インディアンズはフレイジャーの放出を
最後の最後まで渋っていたそうだ。結局、
プレーオフ進出の為、出血覚悟で逸材を
放出したとの事。



現在、ヤンキースの外野の控え、及び
DHから故障者が続出。ヒックス、ホリデー、
オースティンが離脱中だ。



そんな状況の為、フレイジャーがコール
アップされる可能性が出てきたのである。

clint frazier 201707014

続々と優秀な若手がメジャーに供給される
ヤンキースのマイナー組織。今後が非常に
楽しみだ。

Comment

編集
初HR打ちましたね。ジャッジにフレイジャー2人のポジションどーなるんですかねー
2017年07月02日(Sun) 14:05
Re: タイトルなし
編集
>たくわん さん

コメント有難うございます!

早速昇格しましたね!
そしていきなりレフトスタンドに!

仰る通り、外野陣が豊富になって
ちょっと悩ましいですね~。
2017年07月04日(Tue) 07:30












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31