野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 『世界一低い』サブマリン、海を渡る【渡辺俊介】野球人No.287TOPメジャーリーグ ≫ 『世界一低い』サブマリン、海を渡る【渡辺俊介】野球人No.287

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

『世界一低い』サブマリン、海を渡る【渡辺俊介】野球人No.287

渡辺俊介 

【1】今日の野球人
[選手名]渡辺俊介
[ポジション]ピッチャー
[生年月日]1976/8/27




千葉ロッテの先発投手、渡辺俊介が
メジャーリーグ挑戦を発表した。



ご存知の方も多いだろう。そう、世界一低い
位置から投げる男だ。アンダースローは、
ナックルボーラーと同じぐらい絶滅危惧種

なっているが、渡辺の投げる位置は本当に
低い。まさに地面すれすれである。



メジャーでもチャド・ブラッドフォードという
かなり低い位置からのアンダースロー投手が
いたが、2010年に引退してしまった。

※アスレチックス時代の
チャド・ブラッドフォード

   ↓   ↓

ChadBradford.jpg


このブラッドフォードは、ストレートこそ渡辺
よりも速かったが(ちなみに渡辺のストレート
は120km/h前後!)投球の組み立て方は
2人とも似ているだろう。この手のタイプは
基本的に、シンカー、スライダー、チェンジ
アップでゴロの山を築いていく。



現役の投手では、インディアンズの
ジョー・スミスがいる。ただしこの男は、
アンダーに近いサイドスローであるが。

※ジョー・スミスの投法
   ↓   ↓
joesmith.jpg 





渡辺も先発投手としてメジャーで生き残る事は
不可能だが、セットアッパーや右打者への
ワンポイントとしてなら、希望の光が見えて
くるだろう。



2006年と2009年の2度のWBCで活躍
した渡辺だが、ここ数年、怪我と年齢による
衰えで冴えない成績が続いている。
年齢も
来年で38歳。野球人として、最期の死に場所
メジャーリーグへと求めた



ただ、高津がメジャーリーグに挑戦した時も
そうだったが、アメリカにあまりいないタイプ
だけに、最初の一年は意外に活躍できる
かもしれない。



いずれにせよ、かなり厳しい現実が渡辺を
待っていると思うが、何とか頑張って生き
残って頂きたい。



メジャーの大男たちを『世界一低い』位置から
料理してほしい。





【2】編集後記
アメリカの人気歌手、レディ・ガガが

2015年に、人類初の宇宙からライブを

するとの事。

※今連記事はコチラ
   ↓   ↓
headlines.yahoo.co.jp/hl

それにしてもこの人、何でも

やりますね~(笑)

パフォーマーの鏡のような人です(笑)

本当に実現するかはわかりませんが、

期待しましょう(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。