野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 森繁和のドミニカ視察【森繁和】野球人No.289TOP日本プロ野球 ≫ 森繁和のドミニカ視察【森繁和】野球人No.289

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

森繁和のドミニカ視察【森繁和】野球人No.289

 森繁和ドミニカ

【1】今日の野球人
[選手名]森繁和
[チーム]中日ドラゴンズ
[生年月日]1954/11/18




『せんみつ』という言葉がある。
漢字で書くと『千三つ』



ビジネスでもよく使われる言葉だが、
『千個商品を企画しても、本当に成功する
のは三個程度』

という、商売の難しさを意味する言葉である。



日本にやってくる助っ人外国人たち。



一昔前は、峠を越えたメジャーリーガーが
最後のひと稼ぎの為にやってくるケースが
多かった。しかし現在は中南米の選手の台頭に
より、助っ人外国人事情は大きく様変わり
した。



なかでも人材の宝庫、ドミニカ共和国の選手
たちは身体能力が非常に高く、ハングリー精神
も旺盛である。何よりもコストが安い。
昔では考えられなかった、若いドミニカ人を
日本に連れてきてじっくり育てる、という事も
頻繁に行われるようになった。



しかし、スカウト歴30年以上のベテランでも
見誤る事はある。



さすがに『千三つ』程度の成功率ではスカウト
をクビになってしまうが、日本に連れてきて
みないとわからない事はたくさんある。



中日ドラゴンズのヘッドコーチである森繁和。
今月上旬から1か月間、ドミニカ共和国へ
現地視察の旅に出た。



森は前回の落合政権時代から、この時期の
ドミニカ視察は恒例となっている。
この男の目利き力はなかなかのものだが、
やはり現地で、私生活までじっくり観察
しないとわからないそうだ。



野球のスキルはもちろん、監督、コーチの言う
ことを聞くのか、食生活や生活環境の変化に
対応できるのか、チームメイトとは上手く
やれるのか 等々、厳しい目でチェックする。



今回は、どんなドミニカ人を連れてくるの
だろうか。非常に楽しみである。



そんな中、メジャー通算555本塁打の
マニー・ラミレスが中日入りに興味を
示しているというニュースが。



もちろん今回の視察にラミレスのチェックも
含まれているが、はたして・・・。



地球の裏側で、森の厳しい審査が行われ
ている。

Ramirez森



【2】編集後記
私自身、仕事柄多くの外国人を

日本に連れて来ていますが、やはり

異国の地での『適応力』というのは

本当に重要だなぁ~と思います。

私も海外で長期滞在する際は

良い意味であきらめて、その土地の文化を

受け入れるように心がけています。

マニー・ラミレスが日本プロ野球に来れば

面白いですが、あまり期待しないほうが

良さそうですね・・・(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。