野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 引く手あまたの強打の捕手【ブライアン・マッキャン】野球人No.292TOPメジャーリーグ ≫ 引く手あまたの強打の捕手【ブライアン・マッキャン】野球人No.292

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

引く手あまたの強打の捕手【ブライアン・マッキャン】野球人No.292

BrianMcCannFA.jpg

【1】今日の野球人
[選手名]ブライアン・マッキャン
[ポジション]キャッチャー
[生年月日]1984/2/20

※現在フリーエージェント




2000年代中盤、類いまれな才能を持った
若い捕手たちが、一気に台頭してきた。



彼らはキャッチングやリードだけでなく、
バッティングも良く、非常にバランスのとれた
捕手たちだった。



そして偶然であるが、彼らの頭文字は
全員『M』であった。



ビクター・マルチネス (Martinez)
ヤディアー・モリーナ (Molina)
ラッセル・マーチン (Martin)
ジョー・マウアー (Mauer)
ブライアン・マッキャン (McCann)



彼らは、今でも第一線で活躍し続け
(マルチネスとマウアーは、ファースト、DH
になったが)、攻守においてチームの要
となっている。同じ時期に、これだけ
才能あふれる捕手たちが台頭したのも
珍しい。



その中の一人、ブライアン・マッキャン。
アトランタ・ブレーブスのリーダー格だ。



左打席から繰り出される、パワー溢れる打撃と
優れた選球眼。毎年、確実に出塁率.350と
20本塁打は計算できるスラッガーだ。



もちろん投手陣からの信頼も厚い。若手と
ベテランが入り混じるブレーブス投手陣を
上手くリードし、投手王国を支えてきた。



そんなマッキャンだが、今オフ、フリー
エージェントの資格を得た。



常勝軍団を支えてきたキャッチャーだ。
勝ち方も知っているし、リーダーシップにも
長けている。脂の乗り切った29歳という
年齢も魅力的である。



おそらく、多くの球団が喉から手が出る程
欲しい人材だろう。
特に今シーズン捕手難に
あえいだヤンキースが
積極的に狙ってくると
思われる。

※『ヤンキースの捕手難』のコラムはコチラ
       ↓     ↓
yaqjin.blog.fc2.com/blog-entry-239.html



いずれにせよ、今オフ『モテモテ』状態に
なるであろう、マッキャン。個人的には
ブレーブスに残留し、フランチャイズプレ
イヤーとしての道を歩んで頂きたいの
だが・・・。



マッキャンの動向に注目だ。





【2】編集後記
最近、高級ホテルや高級デパートの

『虚偽の表示』が次々と発覚しています。

車エビが、実はブラックタイガーだったり

国産和牛が、加工牛だったり・・・。

今まで食べていた、デパートのおせち

料理も、信用できなくなってきました^^;

とは言っても、目の前に出されても

本物とニセモノの区別を、正確にできる

自信はないですが・・・(苦笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。