野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 田中が獲得できなかった場合の『プランB』【ウバルド・ヒメネス】野球人No.309

田中が獲得できなかった場合の『プランB』【ウバルド・ヒメネス】野球人No.309

UbaldoJimenezFA2.jpg

【1】今日の野球人
[選手名]ウバルド・ヒメネス
[ポジション]ピッチャー
[生年月日]1984/1/22





今シーズン、開幕から負けなしの24連勝を
飾った田中将大。メジャー各球団が注目する
逸材。強豪球団で先発を任せられても、
1番手か2番手の投手として務まるだろう。



だがここに来て、ポスティングシステムでの
移籍が暗礁に乗り上げている。入札金額の
高騰により、システム自体を見直そうという
話になったのだが、いまだに日米間で合意に
至っていない。



時間は刻一刻と迫っており、各球団は来期に
向けて着々とチーム創りをはじめている。



特に、
今オフのフリーエージェントの市場には
トップクラスと言える
先発投手がいない。

そういった理由もあり、多くの球団(特に常勝
球団)は、田中に標準を定めて
スカウトを
送り込み、虎視眈々と狙っていた。



その田中のメジャー挑戦が怪しくなってきた。

田中ポスティング

こう状況になってくると、欧米人の切り替えは
恐ろしく早い。プランAの田中がダメなら、
プランBに移行するだけのこと。逃げていく
ウサギにいつまでも執着はしない。



そこで浮上してきたのがウバルド・ヒメネス。
インディアンズからフリーエージェントに
なっている先発投手だ。



2000年代後半からロッキーズのエース
として活躍し、ノーヒットノーランも達成。
長い手足を目いっぱいしならせて、100
マイルの速球を投げ込む本格派だ。


Ubaldo JimenezFA3 


近年は、自慢の速球の威力が低下し技巧派に
転身したヒメネス。緩急を利用したピッチング
でインディアンズのプレーオフ進出に貢献
した。



かつての剛速球のイメージはないものの、
180~200イニングは任せられるだろう。



他に良い投手がいないという事もあり、
1年1200万~1400万ドルの3年契約
あたりをゲットできるのではないだろうか。
好不調が激しいだけに、ややリスクのある投手
ではあるが・・・。



いずれにせよ、年齢面を考えても
田中よりはランクの落ちる投手である。
常勝軍団のユニフォームを着る田中を
見たかったのだが、来年は諦める
べきか・・・。






【2】編集後記
我が社に1週間滞在していた

22歳のロシア人が、本日の朝8:00の

飛行機で帰国します。

ほとんど私が付っきりで案内を

してたのですが、色々あって、

本当に疲れました^^;

実は、この若者、滞在中に

救急車で運ばれました^^;

早朝6:00に『お腹が強烈に痛い』と

いう電話で起こされて、
急いでホテルに

駆けました。一緒に救急車に乗って

救急病院へ行ったところ

『尿道結石』でした。

よりによってこんな時に・・・。

まぁ、今回の滞在期間中、

2人で色々な事を乗り越えて、信頼関係は

増しましたが・・・(笑)

今度私がウラジオストックへ行ったときは、

盛大なおもてなしを期待します(笑)


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31