野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 問い合わせ殺到!?【クリス・セール】野球人No.321

問い合わせ殺到!?【クリス・セール】野球人No.321

Chris Sale トレード 

【1】今日の野球人
[選手名]クリス・セール
[ポジション]ピッチャー
[チーム]シカゴ・ホワイトソックス
[背番号]49
[生年月日]1989/3/30
[2013年シーズン年俸]85万ドル




今や、アメリカンリーグ屈指のサウスポーに
のし上がったクリス・セール。



198cmで痩身、スリークォーターから
キレのある速球を投げ込む姿から、
『ランディ・ジョンソン二世』との呼び声が
高い。



しかし、この24歳の若者、このまま順調に
成長していけば、『二世』どころか、本家を
上回る投手になれるかもしれない。



今年シーズンも勝ち星に恵まれなかった
ものの、214イニングを投げて

11勝14敗 防御率3.07 226奪三振
WHIP1.07 K/BB4.91

という素晴らしい成績を残した。



ホワイトソックスは現在再建中の真っただ中
である為、打線の援護に恵まれなかった。
しかし強豪球団であれば20勝レベルの内容
であり、サイ・ヤング賞候補になっていた
だろう。



球団は、年俸調停権を得る前のセールと
5年3250万ドル+2年オプションで囲い
込みに成功したものの、優勝争いに加われ
るようになるには、相当時間を要するだろう。



そんなセールは、ホワイトソックス唯一の
希望の光。この男を軸に再建を進めていく
覚悟である。なので、トレードに出すなんて
もってのほか、と言いたいところだが・・・。



なんと先日、ホワイトソックスのハーンGMは
セールのトレードの可能性がゼロではないとの
考えを示した。

『チームが将来的に強くなるのであれば、
少なくとも話は聞く』

Rick hahn

このハーンGMの発言は、他29球団全ての
GMの耳に入っているだろう。興味を示さない
GMはいないはずだ。なにせ、球界屈指の左腕
を最長7年間、割安な価格で使う事ができる
かもしれないのだ(それも24歳と若い!)。



マイナー組織の人材が枯渇しているヤンキース
など、喉から手が出るほど欲しい投手だ。
もちろん、代わりに差し出す人材に関しても、
かなりの出血を覚悟しなければならないが。



ともあれ、9日から始まっているウィンター・
ミーテイングで、このセールに関する問い
合わせは殺到しているだろう。



マリナーズのフェリックス・ヘルナンデスの
ように、弱小球団のスーパーエースというのも
なかなか辛い。セールもモチベーションの維持
に苦労する前に、勝てる球団で活躍してほしい
ところだが・・・。





【2】編集後記
私はメジャーリーグのほかにも、

F1愛好家でもあります。

最近は、昔ほど観ていませんが、

20年以上前のセナ、プロスト、マンセル

時代は、夜更かしして観ていたものです。

ところが先日、とんでもないニュースを

目の当たりにしました。

来シーズンから、最終戦のレースの

獲得ポイントを、2倍にする
というルールに

変更するとの事。

F1の主催者側の狙いは、最終戦まで

タイトル争いを繰り広げさせる為ですが、

これはなかなか酷いルールです・・・。

もちろん、ドライバーを始め、世界中から

非難の声が上がっています。


私ももう、観るのを辞めようかなぁ・・・。

※関連記事
 
↓   ↓
headlines.yahoo.co.jp/hl


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31