野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ オファーを待つクローザーたち ~その1~【フェルナンド・ロドニー】野球人No.333TOPメジャーリーグ ≫ オファーを待つクローザーたち ~その1~【フェルナンド・ロドニー】野球人No.333

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

オファーを待つクローザーたち ~その1~【フェルナンド・ロドニー】野球人No.333

 Fernando Rodney FA

【1】今日の野球人
[選手名]フェルナンド・ロドニー
[ポジション]ピッチャー
[生年月日]1977/3/18





アメリカンリーグ東地区は、メジャー屈指の
激戦区
だ。
それもそのはず、『悪の帝国』こと
ヤンキースと、強豪球団レッドソックスが所属
する地区なのだから。



そんな2強に対して、毎シーズンひるむ事なく
立ち向かい、結果を出し続けているレイズ。
2013年の年俸総額(開幕時)は、
6192万ドル。この金額は、メジャー
30球団中28位ヤンキースはこの金額の
約3.6倍、レッドソックスは約2.5倍
年俸総額をつぎ込み、レギュラーシーズンを
戦っているのだ。



そう、レイズはあり得ないほど不利な状況
なのだ。しかし、そんな状況でもレイズの
フリードマンGMは知恵を絞り、少ない予算を
最大限に活用し、あろう事か毎年優勝争いを
繰り広げている。

Andrew Friedman ロドニー 

アスレチックスと並び、非常に費用対効果の
高い優秀なチームだ。彼らのしたたかな戦略
には、毎度恐れ入る。



そんなレイズで、2年間クローザーを勤めた
フェルナンド・ロドニー。



この男の武器は、何といっても威力のある
速球。最速100マイルを計測する4シーム
落差の大きいチェンジアップで打者を
打ち取る。



昨シーズン、エンジェルスからレイズに
移籍。当初はセットアッパーとしての
1年契約で、年俸はわずか200万ドル。

 

ところが、クローザーを予定していた
ファーンズワースが故障し、ロドニーが
守護神の座に。そんな状況の中、周囲の期待に
見事に応え、48セーブを記録。
防御率0.60、WHIP0.78と、超一流
レベルの成績を残した。



だが、さすがに昨年の成績は出来過ぎで、
2013年は軒並み成績を落とし、課題で
あった制球難も再び顔を出し始めた。

Fernando Rodney FA3 

ロドニーは、今オフにフリーエージェントと
なった。来季で37歳と言うこともあり、
さすがに2012年の再現は厳しいが、
4シームの威力はまだまだ球界屈指。



レイズも再契約に前向きとの事だが、やや
条件面で厳しいか。おそらくフリードマンGM
は、ロドニーに対して高額なオファーは
出さない可能性が高い(1年500万ドル
程度か?)。



もしそれ以上望むのであれば、
『どうぞ、他に行って下さい。』
といったスタンスだろう。



ともあれ、セットアッパーとしても経験豊富な
ロドニーだけに、働き場所はまだまだある
だろう。ひょとしたら、救援陣が手薄な
ヤンキース、オリオールズあたりが狙って
くるかもしれない。



来季は、ロドニーの『勝利の決めポーズ』
どのユニフォームで見せてくれるのだろうか。

Fernando Rodney FA2 



【2】編集後記
昨日は、マラソン大会でした。

練習不足もあり、あまり期待していなかった

のですが、前回より8分ものタイム短縮を

記録しました。

勝因は、ペース配分に成功したことでした。

いやいや、いい記録が出るとやはり

モチベーションがあがります(笑)

次回も頑張りたいです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。