野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 復活を期すアスリートたち ~その6~【イチロー】野球人No.341

復活を期すアスリートたち ~その6~【イチロー】野球人No.341

 ichiro 元旦

【1】今日の野球人
[選手名]イチロー
[ポジション]ライト
[チーム]ニューヨーク・ヤンキース
[生年月日]1973/10/22
[2014年シーズン年俸]650万ドル






私の家から車で20分ほど走った所に、
『空港バッティング』という名の古い
バッティングセンターがある。



何のことはない、一見どこの街にもある
普通のバッティングセンターだ。
しかし、このバッティングセンターには、
打撃の天才を引き寄せる何かを持って
いたのだろう。



とある親子は、
このバッティングセンターに
1年364日間通い続けた
(元旦は休業の為
休まざるを得なかった)。



もうおわかりの方もいらっしゃるだろう。
そう、イチロー親子だ。



そして、その親子の隣のゲージでは、
1学年上の少年が、鈴木少年に
負けず劣らず快打を連発していた。
北海道日本ハムファイターズの
稲葉篤紀である。



今考えれば、何とも豪華な光景だ。
地方のバッティングセンターで、
打撃の天才のフリーバッティングが
同時に行われていたのだ。



ともあれ、愛知県の地方で育った鈴木少年は、
現在ニューヨークのマンハッタンで苦悩の日々
を送っている。


ichiro 元旦2 

現状、イチローが置かれている環境は非常に
厳しく、ヤンキースでのレギュラーは保障
されていない。先日、キャッシュマンGMが
来季の外野手構想を語った時は、イチローの
名前すら出てこなかった。



イチロー自身、モチベーションの維持の方法や
心のスイッチの入れ方など、大いに苦労して
いると語っていた。ここ数年で一気に増えた
白髪や、遠くを見つめる憂いの表情が苦しみを
物語っている。



先日イチローは40歳になった。
セイバーメトリクスによる、あらゆる数字が
下がっているのは紛れもない事実だ。
そこから、目を背けることはできない。



ただ、『復活』という言葉は、イチローに
失礼かもしれない。『進化』という言葉を
使いたい。



この『修行僧』は、まだまだ『進化』する
はずだ。


ichiro 元旦3


【2】編集後記
明けましておめでとうございます!

昨日の大晦日は、如何お過ごし

でしたでしょうか?

我が家の元旦は、実家への挨拶や

正月恒例の食事会などで

バタバタしそうです(笑)

ゆっくり映画でも見たいのですが・・・。

それでは今年も『野球人.com』

どうぞ宜しくお願い致します。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31