野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 2013年オフに成立した契約を振り返って ~その6~【秋信守】野球人No.367

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その6~【秋信守】野球人No.367

秋信守 契約1

【1】今日の野球人
[選手名]秋信守
[ポジション]ライト、センター
[チーム]テキサス・レンジャーズ
[背番号]17
[生年月日]1982/7/13
[2014年シーズン年俸]1857万ドル





今オフ、最も注目されたアジア人と言えば
間違いなく田中将大であった。



だが現在、アジアNo.1スラッガーに君臨
しているのは
この男である。
秋信守(チュ・シンス)31歳。



今日は、この男がレンジャースと結んだ
長期契約を振り返ってみたい。



まず秋の才能が完全に開花したのは、
やはりインディアンズ時代だろう。
マリナーズ在籍時も大器の片鱗を見せていた
ものの、当時、右中間でコンビを組んでいた
イチローとのちぐはぐな連携ばかりが目立つ
選手だった。



だが、インディアンズで出場機会を得ると、
5ツールプレイヤーとして一気に全国区へと
のし上がった。



秋が持ち合わせているポテンシャルは、
非常に高い。
球界屈指の選球眼に、中軸を
任せられるパワー。さらには俊敏な脚力と、
鉄砲肩。


秋信守 契約3 


20本塁打20盗塁も3度クリアし、
出塁率.400越えも2度記録。
秋の性格もあいまって派手さはないものの、
メジャー屈指の実力派である。



まぁ、今まで所属していたチームも、
インディアンズ、レッズと中地区の中規模
チームであっただけに、非常に地味な印象では
あった。そういった背景から、多くの野球
関係者が『過小評価されているスラッガー』
評しており、玄人好みの5ツールプレイヤーと
言えよう。



今回、レンジャーズと契約した金額は
7年総額1億3000万ドル。1年あたり
の年俸は、約1900万ドル。



だが、さすがにこの年俸はやや高いか。
カノの契約に比べればかわいいものだが、
ややリスクは高い。年齢的にも若くはない。



また、万能選手の秋とはいえ、明確な弱点も
持ち合わせている。それは、左投手を
全くといっていいほど打てないという事。

昨年打った本塁打は、全て右投手からであり、
特に左投手のスライダーやカーブには手が
出ない。今から左投手を克服できるとは考え
にくく、今後も左投手アレルギーと付き合って
いかねばならない。

秋信守 契約2 


ただ幸いに、自慢の選球眼に関しては、
加齢で衰えることはないだろう。仮に脚力が
衰えても、パワーさえ維持できれば、出塁率の
高い中距離打者として生き残れる。



契約終了時は38歳。おそらくDH専任に
なっている事が予想されるが、そうなった
場合、この年俸では割に合わない。



ともあれ、現時点でレンジャーズ打線は
確実にレベルアップした。新加入の
プリンス・フィルダーと共に、爆発力のある
ラインナップとなるだろう。



秋、ベルトレイ、フィルダー。
この中軸は、ダルビッシュにとって
何よりも心強い。

秋信守 契約4 




【2】編集後記
今日は妻の誕生日です。

いつお陰ながら支えてくれている

妻に感謝m(_ _)m

今後ともよろしくです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31