野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2013年オフに成立した契約を振り返って ~その9~【ジャロッド・サルタラマッキア】野球人No.370TOPメジャーリーグ ≫ 2013年オフに成立した契約を振り返って ~その9~【ジャロッド・サルタラマッキア】野球人No.370

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2013年オフに成立した契約を振り返って ~その9~【ジャロッド・サルタラマッキア】野球人No.370

Jarrod Saltalamacchia 契約 

【1】今日の野球人
[選手名]ジャロッド・サルタラマキア
[ポジション]キャッチャー
[チーム]マイアミ・マーリンズ
[背番号]39
[生年月日]1985/5/2
[2014年シーズン年俸]600万ドル




マイアミ・マーリンズというチームは
本当に不可解なチームだ。



フロリダ・マーリンズ時代から、このチームの
球団運営はトリッキーだった。超大型補強を
したと思えば、突然主力選手をことごとく
放出する『ファイヤーセール』を行ったり
もする。



選手はもちろん、球団関係者やファンは、
ジェットコースターに乗せられているような
気分だろう。



全ての原因(元凶?)は、オーナーである
ジェフリー・ローリアだ。

jeffrey loria 

この70歳を越えた老人は、とにかく評判が
悪い。
オーナーであるにも関わらず、チームに
対する愛に欠け、全てを損得勘定で判断する
傾向にある。



この老人の気分次第で、チームの方向性が
コロコロと変わる為、全く先が読めない。



2013年シーズンも、3年連続地区最下位に
沈んだマーリンズ。前年オフに超ファイヤー
セールを行い、スターティング・ラインナップ
には、3Aクラスの選手たちが名を連ねた。



だが皮肉にも、そのファイヤーセールで得た
若手有望株たちが、予想外に早く成長。
もちろん、まだまだレギュラーシーズンで
活躍できる程ではない。だが、数年後は、
主力クラスになるであろう選手がひし
めいている。



そんな中、マーリンズは捕手を補強した。
レッドソックスからFAとなっていた
ジャロッド・サルタラマッキアと契約を
交わしたのだ。



契約内容は3年2100万ドル



捕手としては、平均以上の打力を誇り、
スイッチヒッターとして貴重な戦力となる。
特に左打席はパワフルで、昨年も14本塁打中
12本を左打席から放った。

jarrodsaltalamacchia FA 

ただ、守備のほうはやや穴が多く、中でも
盗塁阻止率はかなり低い。ワールドチャン
ピオン獲得に貢献したものの、再契約を
見送られてしまったのは、このあたりが
ネックだったのかもしれない。



サルタラマッキアは、チャンピオンチームを
出て、球団運営が不透明な弱小チームの
正捕手となった。契約条件はそこそこ良かった
ものの、『本当にこのチームでいいの?』
と聞きたくなってしまう選択だ。おそらく
レッドソックス時代とは、また違った意味での
苦労を味わうだろう。



ともあれ、サルタラマッキアの仕事は、
若い投手たちをリードし、ワールドチャン
ピオンの経験を伝えることだ。弱小チームでも
なんとかモチベーションを維持し、チームの
勝利に貢献して頂きたい。



ただ、オーナーの気が変わって、1年も
経たないうちにトレード、という可能性も、
大いにありうるが・・・。






【2】編集後記
昨日は、『野球人.com』の

アップロードが遅くなって

しまいました。

原因は、予約アップロードの時間を

間違えていた為です^^;

すみませんm(_ _)m

決して挫折したわけではないので(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。