野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 2度のノーヒッター、レッズのエースへ【ホーマー・ベイリー】野球人No.392

2度のノーヒッター、レッズのエースへ【ホーマー・ベイリー】野球人No.392

Homer Bailey 長期契約3  

【1】今日の野球人
[選手名]ホーマー・ベイリー
[ポジション]ピッチャー
[チーム]シンシナティ・レッズ
[背番号]34
[生年月日]1986/5/3




ナ・リーグ中地区の老舗球団
シンシナティ・レッズ。



昨年は2012年に続き、2年連続で
プレーオフに進出。00年代は長期に
渡って低迷したものの、ここ数年、
着実に力をつけてきた。



昨年、この地区はメジャー屈指の激戦区
なった。王者カージナルスに続き、大躍進の
パイレーツと投打のバランスに優れたレッズ。
結果的に3強全てがプレーオフに進出する事に
なった。ワイルドカード枠が2チームに増えた
恩恵を、最大限に享受した地区だろう。



そんなレッズだが、今オフは主力選手が流出。
リードオフマンの秋信守(チュ・シンス)、
先発3番手を務めた馬車馬ブロンソン・
アローヨがFAで去った。



元々2人との再契約には、巨額な資金が
必要だった為、無理に引き留めるつもりは
なかっただろうが、やはり痛い。全体的には
やや戦力がダウンした。



しかし、レッズは今が勝負時。現有戦力が
チームを去る前に、なんとかチャンピオンを
狙いたい。



その意思の表れか、レッズは珍しく
巨額契約を結んだ。2度のノーヒッター
ホーマー・ベイリー。この男と、
6年総額1億500万ドルで契約を
延長したのだ。

Homer Bailey 長期契約2 

ベイリーは今シーズン限りでFAとなる。
その為、資金力が乏しいレッズは、トレードに
出すだろうと見られていた。それだけに、
この巨額契約にはやや驚きである。



2004年にレッズからドラフト1位で入団
して以来、次期エースとして期待され続けた
ベイリー。メジャー昇格後、足踏み状態が
続いていたが、2012年にブレイクした。

Homer Bailey 長期契約 

95マイル近い速球に、切れ味鋭いスライダー
とスプリッターが武器。特に昨シーズンは
追い込んだ後のスプリッターが冴えた。



ただ今回の契約で、このチームの年俸総額は
かなりアップした。野手陣ではフィリップス、
ボットー、ブルース、投手陣ではクエイトと、
このベイリーが1000万ドルを越えた。



レッズは、完全に勝負を賭けてきたのだ。
新監督もブライアン・プライスが就任し、
レッズは今シーズン、台風の目となる
チームかもしれない。



今シーズンもこの地区は、激戦区だ。





【2】編集後記
私は、プロのアスリートでもないのですが、

最近トレーニングにはまっています(笑)

マラソンは継続してやってるんですが、

今年に入ってから、ジムでのウェイト

リフティングに
夢中になっています^^

とにかく長続きするよう、コツコツ

やっていきたいと思います。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31