野球人.com

TOP2014年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ MLB 開幕直前戦力分析【ニューヨーク・メッツ】野球人No.403

MLB 開幕直前戦力分析【ニューヨーク・メッツ】野球人No.403

~再建期が終わる一歩手前。浮上の
きっかけを掴み、勝率5割を~


松坂 大輔 戦力分析 



【1】今日のチーム
ニューヨーク・メッツ


2013年度データ

[成績]74勝88敗
[順位]東地区3位
[得失点差]-65(11位)
[年俸総額]9368万ドル(15位)
[観客動員数]213万人(21位)
[監督]テリー・コリンズ
[GM]サンディ・アルダーソン


[予想オーダー]

1 RF ヤング
2 2B マーフィー  
3 3B ライト  
4 LF グランダーソン 
5 1B デービス 
6 CF ラガレス 
7 C ダーノー
8 SS テハーダ 


[予想先発ローテーション]

コロン
ジー
ウィラー
ニース
松坂


[救援投手]
エジン
ファンズワース
パーネル(CL)


【オフェンス】3~3.5点(5点満点)

長打力のあるグランダーソンとC.ヤングを
獲得し攻撃力はアップした。本拠地は
投手有利の球場だが、グランダーソンは
確実に20本塁打は打てる。キャプテンで
あるライトの負荷も減るだろう。伸び悩んで
いる大砲デービスが覚醒すれば、かなりの
破壊力になる。機動力も有効な武器で
20盗塁をクリアできる選手が5人いる。
昨年盗塁王を獲得したE.ヤングを始め、
スピードを生かした野球も得意だ。


【ディフェンス】2.5~3点(5点満点)

ハービーがトミー・ジョン手術で投げられない
のは痛い。代役として、アスレチックスで
19勝を挙げたコロンを獲得したが、さすがに
去年は出来すぎか。ただ、2番手以降の
ニース、ジー、ウィラーといった20代の
先発陣は潜在能力は高く、
今季も期待が
持てる。彼らの成長がメッツ再建のカギを握る
だろう。先発5番手を狙う松坂は昨年終盤から
復調の兆しを見せており、オープン戦も好調。
クローザーは100マイラーのパーネルが
務めるが、首の手術明けという事もあり、
不安が残る。中継ぎ陣も手薄だ。


【総括】3点(5点満点)

オーナーのドタバタ劇等で、お家騒動が続いて
いたメッツ。2008年以来、勝率5割すら
クリアできていない。ただ、昨年あたりから
確実に若手が成長してきており、低迷期から
脱する気配が見えてきた。新加入の
グランダーソンは実力、人格共に一流。ライト
と共にリーダーシップを発揮し、チーム内に
良いケミストリーをもたらすだろう。まだまだ
ブレーブスやナショナルズの牙城を崩せる
ほどの地力はないものの、若手の成長次第
では面白い存在に。まずは勝率5割を目指し
勝負は来年以降になるだろう。



【2】編集後記
だいぶ暖かくなってきましたね。

日米ともにオープン戦が始まり、

いよいよだな~とテンションが

上がってきます^^

しばらく現地でメジャーを観ていない

ので、今年は何とか行きたいです!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31