野球人.com

TOP2014年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ MLB 開幕直前戦力分析【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.424

MLB 開幕直前戦力分析【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.424

~雌伏の時を経て、ついに花開く
目指すは1985年以来のプレーオフ~


James Shields 戦力分析 

【1】今日のチーム

カンザスシティ・ロイヤルズ


2013年度データ

[成績]86勝76敗
[順位]中地区3位
[得失点差]+47(7位)
[年俸総額]8187万ドル(22位)
[観客動員数]175万人(26位)
[監督]ネッド・ヨスト
[GM]デイトン・ムーア


[予想オーダー]

1 RF 青木
2 2B インファンテ 
3 1B ホズマー
4 DH バトラー
5 LF ゴードン
6 C ペレス 
7 3B ムスタカス
8 CF ケイン
9 SS エスコバー


[予想先発ローテーション]

シールズ
バルガス
ガスリー
ダフィー
チェン


[救援投手]

クロウ
ホッチバー
ホランド(CL)


【オフェンス】2.5~3点(5点満点)

長打力のある選手は少ないが、チーム盗塁数
153は、リーグトップ。『スモールボール』
を前面に押し出す野球だ。そのスピード感
あふれるチームに、青木インファンテ
加わった。おそらく両者で1、2番を組むと
思われ、更にしぶとく嫌らしい打線になった。
チーム盗塁数もアップするだろう。中軸打者は
変わらず、昨年20本塁打以上の打者が
ゴードンだけという非力さ。チームの得点力を
アップさせるには、何としてでも青木や
インファンテをホームに返さねばならない。
バトラーやムスタカスの奮起が求められる。


【ディフェンス】4点(5点満点)

昨年、チーム防御率は堂々のトップ。ただ、
今年はサンタナが抜け、若干ダウン。
エースは技巧派のシールズ。超有望株である
マイヤーズを放出して獲得した投手。今年も
ガンガン働いてほしいところ。2番手はFA
加入のバルガス。圧倒的な支配力はないが、
大崩れする事は少ない。3番手以降は可もなく
不可もなくといった投手が続く。しかし若手の
ダフィーとベンチュラは高い潜在能力を秘めて
おり、大化けする可能性も。ブルペンはリーグ
最強レベルだ。特にホーランドはメジャー屈指
のクローザーへと成長した。また今年の外野
守備は一見価値あり。センターのケイン、
レフトのゴードン、ライトの青木は抜群の守備
範囲を誇る。彼らの間を抜くのは至難の業だ。


【総括】3.5点(5点満点)

長い長い低迷期を終え、昨年は10年ぶり
勝ち越し。ここ数年、ドラフトやトレードで
獲得した有望株たちを大切に育て続けた
ロイヤルズ。『人材の宝庫』と言われ続けた
チームが、ついに開花した。今年は久々に
『勝負モード』に舵を切り、バルガス、
青木、インファンテ等を獲得。世界一に輝いた
1985年以来のプレーオフ進出を狙う。
ア・リーグ中地区はタイガースが圧倒的な戦力
を誇っており、他のチームはなかなか太刀打ち
できない状況。ただ、ロイヤルズも若手が覚醒
さえすれば、面白い存在になる。今シーズン、
台風の目になる可能性は十分あるだろう。




【2】編集後記
最近、読者の方から、応援の

メールやコメントをいただく機会が

増えてきました。

私自身、大変励みになっております。

ありがとうございます。

こんなコラムではありますが、多くの方の

目に触れて頂けるようになり、

それと同時に、責任も感じております(笑)

今後とも、楽しんで頂けるように頑張ります!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31