野球人.com

TOP2014年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ MLB 開幕直前戦力分析【ミネソタ・ツインズ】野球人No.425

MLB 開幕直前戦力分析【ミネソタ・ツインズ】野球人No.425

~先発を補強も、まだまだ再建期
目先の勝利よりも、有望株の成長に期待~


Joe Mauer 戦力分析 
 

【1】今日のチーム

ミネソタ・ツインズ


2013年度データ

[成績]66勝96敗
[順位]中地区4位
[得失点差]-174(14位)
[年俸総額]8201万ドル(21位)
[観客動員数]247万人(17位)
[監督]ロン・ガーデンハイヤー
[GM]テリー・ライアン


[予想オーダー]

1 CF プレスリー
2 2B ドージャー 
3 1B マウアー
4 LF ウィリングハム
5 RF アルシア
6 3B プルーフ
7 DH クーベル
8 C スズキ
9 SS フロリモン


[予想先発ローテーション]

ノラスコ
ペルフリー
ヒューズ
デデューノ
コレイア


[救援投手]

バートン
ダンシング
パーキンス(CL)


【オフェンス】2点(5点満点)

昨年の得点はリーグ13位。今オフも大きな
補強はなく、頼れる打者は安打製造機の
マウアーのみ。機動力を使える打者も少なく、
今年も例年通り貧打にあえぐだろう。マウアー
は今年から本格的に一塁に転向。打撃に
専念し、どこまで数字が伸ばせるかが注目だ。
希望の光は、バクストンサノーの有望株
コンビ。
特にバクストンは、多くのメディアで
有望株
ランキングNo.1に輝いているダイヤ
原石。将来、間違いなくメジャーを代表する
5ツールプレイヤーになるだろう。


【ディフェンス】2.5点(5点満点)

リーグ最低レベルだった投手陣に、2人の
先発投手が加わった。ノラスコヒューズだ。
ただ、両者ともエースと呼ぶには物足りない
投手。ノラスコは200イニング前後は可能
だが、他チームであれば先発3番手クラス。
ヒューズに至ってはぎりぎり5番手が務まる
程度。昨年よりローテーションは幾分レベル
アップしたが、まだまだ層は薄い。ブルペンも
不安定だが、パーキンスは昨年ブレイクした。
36セーブを挙げて、オールスターにも選出。
守備は、二遊間が素晴らしく、ドージャーと
フロリモンのコンビは抜群に守備範囲が広い。


【総括】2~2.5点(5点満点)

ツインズは再建期まっただ中で、残念ながら
今年も優勝争いに加わる事は、まずない
だろう。ただし、マイナーには多くの
『超』有望株が控えており、将来が楽しみだ。
中途半端なベテラン投手を獲得するよりも、
思い切ってどんどん若手を登用して頂きたい
ところだが・・・。再び優勝争いに加わるには
最低でもあと3年程度は必要だろう。今は
じっと耐える時だ。




【2】編集後記
今日でアメリカン・リーグ中地区

の戦力分析が終わりました。

私の順位予想は、

1位 タイガース
2位 インディアンズ
3位 ロイヤルズ
4位 ホワイトソックス
5位 ツインズ

です。

やはり、タイガースの戦力は圧倒的です。

ただ、ここに来てイグレシアスや

ダークスが故障に見舞われ、

戦線離脱が確実に。

そうなってくると、インディアンズや

ロイヤルズにもチャンスが・・・。

イチローのタイガース移籍の噂

気になります。

明日からは、アメリカン・リーグ西地区

の戦力分析です。

お楽しみに!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31