野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ MLB 開幕直前戦力分析【オークランド・アスレチックス】野球人No.428TOP2014年 MLB開幕直前団戦力分析編 ≫ MLB 開幕直前戦力分析【オークランド・アスレチックス】野球人No.428

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

MLB 開幕直前戦力分析【オークランド・アスレチックス】野球人No.428

~今年も冴えわたる『マネーボール』
ビーンGMの挑戦は終わらない~


Billy Beane 戦力分析


【1】今日のチーム

オークランド・アスレチックス


2013年度データ

[成績]96勝66敗
[順位]西地区31位
[得失点差]+142(3位)
[年俸総額]6196万ドル(27位)
[観客動員数]180万人(23位)
[監督]ボブ・メルビン
[GM]ビリー・ビーン


[予想オーダー]

1 CF クリスプ 
2 SS ラウリー
3 3B ドナルドソン 
4 1B モス
5 LF セスペデス
6 RF レディック
7 DH ジェイソ
8 C ノリス
9 2B ソガード


[予想先発ローテーション]

パーカー
グリフィン
キャズミアー
グレイ
ストレイリー


[救援投手]

クック
グレガーソン
ジョンソン(CL)


【オフェンス】3.5~4点(5点満点)

昨年は得点、本塁打、四球、OPSが
リーグ3位。長打と出塁率を重視する
『マネーボール』スタイルは健在だった。
今シーズンもレギュラーメンバーに大きな
入れ替えはない。中軸である、ラウリー、
ドナルドソン、モスが昨年大ブレイク。トップ
バッターのクリスプも勢いに乗って20本塁打
20盗塁をクリアした。ただ、2011年まで
は貧打にあえぐチームだっただけに、昨年は
やや出来すぎの感はある。今年も彼らが同様の
成績を残せるかは疑問だ。また、盗塁の上手い
ジェントリーが加入し、チームの機動力は
向上した。


【ディフェンス】4.5点(5点満点)

防御率リーグ2位を記録した投手陣から、
18勝のコロンと、38セーブのバルフォアが
抜けた。しかし現有戦力は依然トップクラス。
オフには先発左腕のキャズミアーと、最多
セーブのジョンソンが加入。貧乏球団とは
思えないほど層が厚くなった。ローテーション
を支えるパーカー、グリフィン、グレイ、
ストレイリーは全員20代で、尚且つ格安の
年俸(ほぼ最低保証の年俸)。同じ地区の
エンゼルスとは対照的に、費用対効果抜群
投手陣だ。守備はライトのレディックの攻守が
光る。今年もゴールドグラブ賞候補だ。


【総括】4点(5点満点)

同地区のエンジェルスとレンジャースは、
アスレチックスの2倍近い総年俸を誇る。
しかし、そんな彼らに怯むことなく、見事
2年連続で地区優勝を飾った。やはりGMで
あるビーンの巧みなチーム作りのたまものだ。
今オフも主力投手の流出はあったものの、
またもや上手いやりくりで、引き続き高い
戦力を維持している。ただ、ライバルの
レンジャーズも戦力をアップさせており、
3年連続地区優勝は容易ではない。今年も
金満球団を相手に、どの様な戦いを見せて
くれるのか?ビーンのあざやかな『マジック』
を楽しみたい。




【2】編集後記
昨晩、マレーシアの首都

クアラルンプールに到着しました。

とりあえず、疲れました~^^;

マレーシア航空、墜落しませんでした(笑)

マレーシア到着

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。