野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 新天地での開幕 ~その6~【プリンス・フィルダー】野球人No.446

新天地での開幕 ~その6~【プリンス・フィルダー】野球人No.446

Prince Fielder 新天地開幕2 

【1】今日の野球人
[選手名]プリンス・フィルダー
[ポジション]ファースト、DH
[チーム]テキサス・レンジャーズ
[背番号]84
[生年月日]1984/5/9
[2014年シーズン年俸]2400万ドル





昨年末、タイガースとレンジャーズの間で
大型トレードが成立した。レンジャーズは
ハミルトンが去った穴を埋めるべく左の大砲、
フィルダーを獲得。



今日は日本でも馴染み深いフィルダーの
現状をチェックしたい。



タイガースのミゲール・カブレラが三冠王を
獲得できたのも、フィルダーが援護砲として
機能していた事が大きい。もちろんカブレラ
自身もその事を十分承知しており、フィルダー
の移籍を大変悲しんでいた様子だ。

Fielder and Cabrera 援護砲 

フィルダーは巨漢に似合わず、うまさも兼ね
備えており、フィールドの全方向に鋭い打球を
飛ばす事ができる。レンジャーズでは
ベルトレイの援護砲の役割を担う事になる。



ただ、昨年の後半から打撃不振が続いており、
ポストシーズンでも精彩を欠いていた。



一説によると、不振の原因は怪我や技術的な
問題ではなく、離婚による精神的ダメージなの
では、と言われている。離婚の原因が夫人の
浮気で、その浮気相手がタイガースの
チームメイト(アビセイル・ガルシア)だった
との事・・・。



事態を重くみたタイガースは、ガルシアを
ホワイトソックスに放出。また、フィルダー
自身も心に傷を負っており、このまま
タイガースでプレーするのは辛いだろうと
判断。これが今回の大型トレードが成立した
『裏の理由』。



もちろんこれだけの理由でトレードが行われた
訳ではないだろうが、色々と複雑な事情が
あったのは間違いなさそうだ。



いずれにせよ、心機一転レンジャーズで復活
してほしいところ。幸いに、今のところチーム
に順応している様子。

Prince Fielder 新天地開幕4 

肝心の成績の方は、

12試合 47打席 7安打 打率.149 
0本塁打 3打点 出塁率.245


と、まだまだエンジンはかかっていない。



さらにもう一人の主砲ベルトレイが
左太ももを痛めて故障者リスト入りして
しまった。このまま中軸が機能しないとかなり
マズい。新加入の秋が好調なだけに、みすみす
得点機会を逃してしまうケースが目につく。



フィルダーの傷ついた心は癒えているのか?
契約は2020年まで残っている(2012年に
9年2億1400万ドルの巨額契約!)

Prince Fielder 新天地開幕3 

『不良債権』と呼ばれるわけにはいかない。






【2】編集後記

F1の名門チーム、フェラーリが不調です。

今年は、アロンソとライコネンという

チャンピオン経験者2人をドライバーに

据え、並々ならぬ覚悟でシーズンに

望んだのですが、いまだ優勝はおろか

表彰台にも登っていません・・・。

やはり『赤い跳ね馬』が強くないと

F1は盛り上がりませんね~。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31