野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 『リリーフに専念する気持ちはありません』【松坂大輔】野球人No.456

『リリーフに専念する気持ちはありません』【松坂大輔】野球人No.456

松坂 クローザー 

【1】今日の野球人
[選手名]松坂大輔
[ポジション]ピッチャー
[チーム]ニューヨーク・メッツ
[背番号]16
[生年月日]1980/9/13
[2014年シーズン年俸]マイナー契約




会社勤めの方であれば、一度は経験された事が
おありだろう、移動、転勤、出向。



希望が通り、念願の部署への異動もあれば、
意にそぐわない部署への異動や転勤、
といった事もある。ただ圧倒的に多いのは、
後者の方ではないだろうか。



ともあれ、与えられたステージで

『何で俺が・・・』

と、やる気を失い腐るのか、
とにかく受け入れ、

『これもまた成長のチャンス』

と、良い意味で開き直るかは、本人次第。
どちらが良い結果を出すかは言うまでも
ないだろう。



ニューヨークメッツの松坂大輔。



長らく不振が続いていたが、昨シーズン終盤
から復調傾向にある。今シーズンもメッツと
マイナー契約を交わし、キャンプから快調に
飛ばしていた。

松坂大輔 虎視眈々と 

ただ、なかなかチャンスが与えられない。
松坂より確実に劣るであろう若手たちに、
優先的に機会が与えられている。



しかし先週末から、思わぬ『部署』でチャンス
が与えられた。そう、リリーフだ。



まぁ、少年時代からずっと先発投手として
投げてきた松坂にとって、これは意に
そぐわない『異動』だろう。その為、松坂は
事あるごとに、先発へのこだわりをアピール
している。



先日は

『リリーフに専念するつもりはありません』

とコメントした。

松坂大輔 虎視眈々と3 

しかし、本人の希望とは裏腹に、松坂は
4試合のリリーフ登板で抜群の結果を
出している。



球団側も、当初は

『リリーフで便利に使っておけ』

ぐらいの扱いだったが、今や

『もしかしたら、イケるじゃないの?』


色気を見せてきた。



地元メディアに至っては『クローザー松坂』
熱望している。
本人やファンは、複雑な心境
だろう。




今は、クローザーとしての適性をテスト
している段階だが、こういった松坂の
復活ストーリーがあっても面白い気もする。



ともあれ、松坂本人が腐らずに、
良い意味で
開き直ってくれることを願う。

松坂大輔 虎視眈々と2



【2】編集後記

最近、ジムでの筋トレばかりで

ジョギングをさぼり気味です。

やはり大会にエントリーしないと

やる気が出ません・・・^^;

という訳で・・・、早速5/25(日)の

大会にエントリーしました!

練習しないと・・・(苦笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31