野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2014年 MLB 監督・GM特集編【マイアミ・マーリンズ】野球人No.473TOP2014年 MLB監督・GM特集編 ≫ 2014年 MLB 監督・GM特集編【マイアミ・マーリンズ】野球人No.473

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2014年 MLB 監督・GM特集編【マイアミ・マーリンズ】野球人No.473

Marlins Park 監督特集 


【1】今日の監督とGM

マイク・レドモンド(監督)
ダン・ジェニングス(GM)

※マイアミ・マーリンズ


[年俸総額の変動]

2013年
5052万ドル(第29位)

2014年
4582万ドル(第30位)

470万ドルダウン ↓


[資金力]

E (A~Eの5段階)

※時にB程度になる事も


[監督]

マイク・レドモンド

Mike Redmond 監督特集 

就任:2013年(2シーズン目)
通算成績:62勝100敗
プレーオフ進出:0回


オーナーが問題のある人物なので、
マーリンズの監督は間違いなく苦労する。
前任者は、オジー・ギーエン。失言が多く、
派手な振る舞いのギーエンとは対照的に、
レドモンドは非常に地味なキャラクターだ。
現役時代は守備型の捕手。昨年は3Aレベルの
選手を率いて大苦戦。よくぞ100敗で済んだ
といったところ。レドモンド自身の手腕は
まだまだ未知数だが、今年の快進撃を見ると、
もしかしたら・・・。


[GM]

ダン・ジェニングス

Dan jennings 監督特集 

就任:2013年9月

2002年にマーリンズの組織に入閣。
2007年からGM補佐を務め、昨年末に
GMに昇格。今回、初めてにGM職だが、
若手の目利き力には、定評がある。
正捕手としてサルタラマッキアを獲得した
ものの、中心となるのは経験不足の
若手たち
だ。マイナーにひしめく、キラリと
光る逸材をどのように磨き、どの様に育てて
いくのか。ジェニングスの手腕を正しく
評価するには、まだ数年かかるだろう。


[チーム状況 等]

2011年オフに大補強し、その半年後には
ファイヤーセールでチームを解体。有望株が
マイナーにひしめいている。今年も100敗を
免れれば御の字・・・と思いきや、開幕から
まさか、まさかの快進撃。このチームには
いつも驚かされる。レドモンド&ジェニングス
のコンビが一番驚いている事だろう。
勢いだけかもしれないが、今後も若手を
積極的に起用していくだろう。





【2】編集後記

子供を見ていると、いろいろ勉強に

なります。

子供は、感情をすぐに表に出します。

我々大人(特に日本人)は、自分の感情を

押し殺しすぎる傾向にあります。

社会生活を円滑に進めていく上で、

読まなくてもいい空気を読んだり・・・。

子供のように、感情をすぐに表に出す

のはまずいですが、押し殺しすぎる

のは、もっとまずいなと。

特に外国人と接する際など、自分の感情を

正しく理解し、正しく表現する事が

大切だなぁ~と、最近つくづく思います。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。