野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2014年 MLB 監督・GM特集編【サンフランシスコ・ジャイアンツ】野球人No.486TOP2014年 MLB監督・GM特集編 ≫ 2014年 MLB 監督・GM特集編【サンフランシスコ・ジャイアンツ】野球人No.486

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2014年 MLB 監督・GM特集編【サンフランシスコ・ジャイアンツ】野球人No.486

ATT Park 監督特集 

【1】今日の監督とGM

ブルース・ボウチー(監督)
ブライアン・セイビアン(GM)

※サンフランシスコ・ジャイアンツ


[年俸総額の変動]

2013年

1億3690万ドル(第7位)

2014年

1億4908万ドル(第7位)


1218万ドルアップ ↑


※年俸総額は開幕時


[資金力]

A-(A~Eの5段階)


[監督]

ブルース・ボウチー

就任:2007(8シーズン目)
通算成績:1530勝1530敗
プレーオフ進出:6回


Bruce Bochy 監督特集 

今年で監督業20年目を迎える名将。
ジャイアンツの前は、パドレスで監督を
12シーズン務めた。通算勝利数は現役
監督の中でもちろんNo.1。2010年と
2012年にはワールドチャンピオンに輝いて
いる。
守りを重視する傾向にあり、特に
中継ぎの継投策には定評がある。昨年は
ワールドチャンピオンから一転、あわや最下位
といった苦汁を味わった。今年は挑戦者という
立場から、もう一度這い上がる。



[GM]

ブライアン・セイビアン

就任:1996年9月


Brian Sabean 監督特集 

現職のGMの中では最も任期が長い
(1996年就任)。ジャイアンツのGM職の
前はヤンキースのスカウト部長を務めていた。
90年代後半の、ヤンキース黄金時代を
作り上げた一人だ。GM就任当初から
ベテラン選手を好み、バリー・ボンズ中心
のチームを編成した。そのスタイルは今も
変わらず、若手よりもベテラン重視。今年も
32歳のモース、39歳のハドソンをFAで
補強。それもあってか、マイナーの有望株は
あまり素材が良くない。



[チーム状況 等]

昨年はまさかの負け越しで、ファンの期待を
裏切ったシーズンだった。しかし、決して
戦力的に劣っていた訳ではなく、夏場以降の
投手陣の不振が原因だった。今年はチーム最大
の不良債権だったジートが去り、ベテランの
ハドソンが加入。リンスカムが少しでも復調
すれば、戦力的にはドジャースと十分渡り
合える。
今シーズンは開幕から首位を快走。
ただ、選手層があまり厚くないため後半戦の
息切れが心配だ。マイナーには有望株が
乏しく、ベテラン編重のチームの負の側面だ。




【2】編集後記

昨日はマラソン大会でした。

久々の出場ながら、記録は

まずまず^^

私の走り方は、完全な

後半追い込み型です。

昨日もラストスパートで

かなり頑張りました。

ですので今日は、疲れが

かなり残ってます・・・^^;;

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

San Francisco Giants | サンフランシスコ・ジャイアンツ
San Francisco Giants | サンフランシスコ・ジャイアンツの旗が風にはためき、ひるがえるイメージデータ(フリー素材画像)。 様々な分野のロゴやシンボルマークを旗に加工しています。 flag Image data is fluttering in the wind, flutters. It creates the image data of the flag mark, l...
2014年06月10日(Tue) 11:51
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。