野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2014年 MLB 監督・GM特集編【ヒューストン・アストロズ】野球人No.497TOP2014年 MLB監督・GM特集編 ≫ 2014年 MLB 監督・GM特集編【ヒューストン・アストロズ】野球人No.497

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2014年 MLB 監督・GM特集編【ヒューストン・アストロズ】野球人No.497

Minute Maid Park 監督特集 

【1】今日の監督とGM

ボー・ポーター(監督)
ジェフ・ルーノー(GM)

※ヒューストン・アストロズ


[年俸総額の変動]

2013年

2610万ドル(第30位)

2014年

5048万ドル(第29位)

2438万ドルアップ ↑


※年俸総額は開幕時


[資金力]

D(A~Eの5段階)


[監督]

ボー・ポーター

就任:2013年(2シーズン目)
通算成績:51勝111敗
プレーオフ進出:0回

Bo porter 監督特集 

昨年アストロズの監督に就任した、41歳の
若き指揮官。就任1年目は予想通り、苦戦を
強いられたシーズンだった。経験不足な若手
たちは、実力的には3Aレベル。球団ワースト
の111敗を喫したが、これもある意味、
想定内だろう。ポーター自身もマーリンズ、
ダイヤモンドバックス、ナショナルズで
コーチ経験があり、発展途上のチームには
慣れている。再建期はまだまだ続くだけに、
しばらくはポーターの若さと情熱で、チームを
引っ張ってもらいたいところだ。



[GM]

ジェフ・ルーノー

就任:2011年12月

Jeff Luhnow 監督特集 

チームの再建を任されて3シーズン目。
球団のアメリカン・リーグ移籍も重なり、
ゼロからチームを作りなおしている状態だ。
ちなみに2013年の年俸総額は、
アレックス・ロドリゲス
1人の年俸と殆ど
変わらない状態であった。しかし、徹底して
マイナー組織を充実化させる姿勢は、非常に
明快で潔い。ドラフト指名順も、
いの一番に
指名できる。ロイヤルズやナショナルズの様に
超有望株を獲得し、チームの柱に育て、
勝てるチームにする事が期待される。


[チーム状況 等]

昨年オフに、先発投手2人を獲得するなど
積極的に補強を行った。しかし、決して勝負に
出た訳ではなく、あくまでも若手の育成を主眼
に置いている。マイナー組織の充実度は、
いまやメジャートップクラスだ。ドラフトや
トレードで集めた有望株が、明日のメジャーを
虎視眈々と狙っている。先日行われたドラフト
でも、いの一番(全米1番目)で超有望株を
指名。今後も、現行のドラフト制度を上手く
活用し、有望株をかき集めていくだろう。
3年後のアストロズが楽しみだ。


【2】編集後記

今週末は、妻と子供たちが実家に

帰ります。

ゴールデンウィークに帰省しなかった

ので、おじいちゃん、おばあちゃんが

孫に会いたがってます^^

ちなみに今回、私は同行せずに

留守番です。

久々の一人の時間なので、ゆっくりと

映画でも行こうと思います^^

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。