野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その4~【ブライス・ハーパー】野球人No.525TOPメジャーリーグ ≫ 前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その4~【ブライス・ハーパー】野球人No.525

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その4~【ブライス・ハーパー】野球人No.525

Bryce Harper 誤算3 

【1】今日の野球人
[選手名]ブライス・ハーパー
[ポジション]レフト
[チーム]ワシントン・ナショナルズ
[背番号]34
[生年月日]1992/10/16
[2014年シーズン年俸]90万ドル





シーズン当初もたついていたナショナルズが、
ここに来てやっとエンジンがかかってきた。
6月から本領を発揮し、月間成績は
17勝11敗。一時は5ゲーム差以上あった
ブレーブスとの差も、みるみる縮まってきた。



そして先日、ブレーブスとナショナルズは
ついに並んだ。46勝38敗で同率首位。
開幕前に予想されていたとおり、この2強の
激しい戦いがスタートした。ナ・リーグ東地区
は、ここからが本番だろう。



そしてナショナルズの復調と共に、あの男も
帰ってきた。そう、『傲慢すぎる天才』
ブライス・ハーパーだ。

Bryce Harper 誤算2

4月25日のパドレス戦、先発のアーリンから
長打を放ったハーパーは、サードベースへ
躊躇することなくヘッドスライディング。
走者一掃の価値のある三塁打であったが、
その代償も大きかった。三塁ベースで
左手親指を強打し、靱帯を損傷。早急に
手術を受ける羽目となった。

Bryce Harper 誤算4

攻守ともに『超』がつくほどハッスルプレーが
信条のハーパー。だが、結局2か月以上戦列を
離れる事になり、ファンが大きく落胆したのは
言うまでもない。



昨シーズンも飛球を追い、フェンスに激突。
左ひざを強打し故障者リスト入りした。



有り余る才能と、若さあふれるエネルギッシュ
なプレー。そして自信過剰な傲慢な性格。
観る者を惹きつける要素満載なのだが、
毎年ハッスルプレーの代償を支払っている。

Bryce Harper 誤算

前半戦、ハーパーの怪我は大きな『誤算』。
だが、ここからナショナルズの逆襲が始まる。
監督含めコーチ陣は、ハーパーには
ハッスルプレーを少し自粛するよう
忠告して
いるはず。



まぁ、本人は聞く耳を持たない
だろうが・・・。





【2】編集後記

トレーニングを始めたばかりの頃に比べ、

ベンチプレスで挙げられる重量が、だいぶ

重くなってきました。

もちろん個人トレーナーの厳密な指導に

基づいて、少しずつ重量をUPさせています。

無心でトレーニングする事が、今の私の

ストレス解消になってますね・・・^^;

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。