野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その8~【ティム・ハドソン】野球人No.529TOPメジャーリーグ ≫ 前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その8~【ティム・ハドソン】野球人No.529

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

前半戦の『誤算』or『嬉しい誤算』~その8~【ティム・ハドソン】野球人No.529

Tim Hudson 嬉しい誤算 

【1】今日の野球人
[選手名]ティム・ハドソン
[ポジション]ピッチャー
[チーム]サンフランシスコ・ジャイアンツ
[背番号]17
[生年月日]1975/7/14
[2014年シーズン年俸]1150万ドル




2000年代前半、アスレチックスを支えた
先発三本柱がいた。技巧派左腕のマルダー、
大きく曲がるカーブを操るジト、そして
高速シンカーでゴロを打たせる名人
ハドソン。我々は彼らに敬意をこめて、
『ビック3』と呼んでいた。

Tim Hudson 嬉しい誤算4 

彼らはどのチームに行ってもエースになれる
素材
だった。そして当時は、選球眼重視の
打撃スタイルが特徴の『マネーボール理論』
で一世を風靡していたアスレチックス。
しかし、アスレチックスが好成績をおさめて
いたのは、このビック3の存在が大いに
関係していたのは間違いない。



その後ビック3は、より良い条件を求め、
アスレチックスを離れていった。
それから
10年以上が経過した今、現役で
活躍して
いるのはハドソンだけになって
しまった。

Tim Hudson 嬉しい誤算3 

そのハドソンも今年で39歳。昨シーズン
不運にも右足首を骨折してしまい、選手
としてのキャリアも、そろそろ終わりを
迎えようとしていた。



今シーズンはジャイアンツと2年契約
(2年2300万ドル)。投球内容に、目に
見えた衰えは無かったものの、やはり
ジャイアンツとしては、リスクの高い契約
だった。チームとしては、先発3番手として
何とか180イニングをクリアしてくれれば
御の字、といった具合だろう。



しかしハドソンは今シーズン、昨年の鬱憤を
晴らすかのようなピッチングを披露。得意の
高速シンカーが冴えわたり、全盛期並みに
ゴロを量産中だ。

6月を終え、

7勝5敗 防御率2.53 WHIP1.05
75奪三振 被打率.241


チームとしても、まさかここまで復活するとは
思っていなかっただろう。今やバムガーナーと
共にエース級の活躍である。

Tim Hudson 嬉しい誤算2 

宿敵ドジャースの先発投手陣もベテランが
健闘しているが、ハドソンも負けてはいない。
ベテラン選手を好んで起用するセイビアンGM
も、ほくそ笑んでいるだろう。



アスレチックス時代以来の西海岸。
ビック3と呼ばれていた頃のハドソンが
帰ってきたようだ。





【2】編集後記

大型で非常に強い台風8号が、

沖縄に近づいてきています。

その後の詳しい進路は、まだ

わかりませんが、本州を通過

する事は間違いなさそうですね・・・。

皆さんも、どうかお気をつけ下さい!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。