野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 13年ぶりの『勝負モード』【ケンドリス・モラレス】野球人No.547TOPメジャーリーグ ≫ 13年ぶりの『勝負モード』【ケンドリス・モラレス】野球人No.547

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

13年ぶりの『勝負モード』【ケンドリス・モラレス】野球人No.547

kendrys morales マリナーズ復帰 

【1】今日の野球人
[選手名]ケンドリス・モラレス
[ポジション]DH、ファースト
[チーム]シアトル・マリナーズ
[生年月日]1983/6/20
[2014年シーズン年俸]1200万ドル




シアトル・マリナーズが最後にプレーオフに
進出したのは2001年。既に13年が経過
している。そして2001年といえば、
忘れられない出来事がある。



そう、イチローがマリナーズで
鮮烈デビュー
を果たした年だ。

Ichiro 2001年デビュー 

この年のマリナーズは絶好調。『忍者』
呼ばれたイチローが出塁し、すかさず盗塁。
そのイチローをエドガー・マルチネス、
ブレット・ブーン、ジョン・オルルド等で
返す。全体的に長打力はないものの、
イチローの加入で新たな攻撃スタイルを
確立した。




その結果、レギュラーシーズン116勝46敗
という圧倒的な強さをみせつけ、地区優勝。
ちなみに116勝はMLBタイ記録であった。



それから13年・・・。
マリナーズは長い暗黒時代に突入。
まさかこのチームが弱小チームに
成り下がってしまうなど、この時誰も想像
できなかっただろう。

Mariners lose 

そして、そんな弱小球団マリナーズに
13年ぶりのチャンスがやって来た。
前半戦を51勝47敗で折り返し、現在
西地区3位。首位のアスレチックスとは
10ゲーム以上離されているものの、
ワイルドカード狙いであれば、十分勝機は
あるだろう。



勝因はやはり投手陣。エースのフェリックス・
ヘルナンデスと2番手の岩隈の活躍が光る。

Felix hernandez 2014年前半戦 

最大のアキレス腱は得点力不足
(毎年言われている事だが・・・)。
オフにロビンソン・カノを獲得したものの、
396得点リーグワースト2位
出塁率.298に至ってはリーグ最下位だ。



そこで白羽の矢が立ったのが、
ケンドリス・モラレス。キューバ出身の
スイッチヒッターだ。



昨年もマリナーズに所属しており、
23本塁打を記録。オフにFAとなり、
マリナーズからクオリファイング・オファーを
受けるも拒否。ツインズと1年1200万ドル
で契約した。

KendrysMoralesFA.jpg

マリナーズは先日、このモラレスをトレードで
再び獲得。差し出した選手はプライアーと
いう若手有望株。どうやらマリナーズは本気で
プレーオフ進出を目指しているようだ。



これも『カノ効果』なのか・・・?
2009年もケン・グリフィーがマリナーズに
復帰したとき、一時的ではあったが、
マリナーズは浮上した(翌年以降、すぐに
弱小チームに逆戻りしたが)。今シーズンも
また同じパターンなってしまうのだろうか。



ともあれ、2001年の輝いていたマリナーズ
を懐かしむのは、もうやめたいところ
だが・・・。




【2】編集後記

いよいよ本格的な暑さが

やってきましたね^^;

昨日、私の住む名古屋では

最高気温37度を記録しました。

さすがに体温を越えると、強烈な

暑さを感じますね(笑)

週末は子供を連れてプールに

行ってきます^^

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。