記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年7月31日のトレードを振り返って ~その1~【ジョン・レスター他】野球人No.554

Billy Beane 戦力分析  

【1】今日の野球人

[選手名]ジョン・レスター
[選手名]ジョニー・ゴームズ
[選手名]ヨエニス・セスペデス



ノンウェーバートレード期限である
7月31日。今年の大きなトレードと言えば、
アスレチックスとカブス間で行われた
ジェフ・サマージャとジェイソン・ハメル
が動いたトレードぐらいであった。



例年に比べて比較的静かな動きかと
思われたものの、一転。期限のぎりぎりに
各球団が一斉に動き出した。なかでも
アスレチックスの超アグレッシブな動きには
度肝を抜かれた。またしても他球団のエースを
引っこ抜いた。



既に皆さんご存知かと思うが、
今日はジョン・レスターが絡んだ
『ビック・トレード』を纏めたい。



〇アスレチックス加入
ジョン・レスター
ジョニー・ゴームズ

〇レッドソックス加入
ヨエニス・セスペデス



以下、選手の概略。



・ジョン・レスター

Jon Lester 2014年7月31日2 

メジャー通算110勝左腕。過去に悪性腫瘍を
克服し、見事カムバックしたように、不屈の
闘志を持つ。
2008年にはノーヒッターを
達成。2009年にレッドソックスと5年
3000万ドル(2014年は1300万ドル
のオプション)
で契約を延長。今シーズン
終了後にFAとなる予定。武器は90マイル
前後のカットボールと95マイルの4シームに
カーブとチェンジアップを交える。
制球もよく、怪我さえなければ、シーズン
200イニング 15勝 180奪三振
防御率3.50 WHIP1.25

ぐらいは、安定して叩き出せる。

[今シーズンの成績]
10勝7敗 防御率2.52 149奪三振
WHIP1.12



・ジョニー・ゴームズ

Jonny Gomes 2014年7月トレード 

昨年のワールドシリーズ制覇に大きく貢献した
熱血漢。確実性には欠けるがパワーがあり、
シーズン2ケタ本塁打は固い。また左投手に
強く、勝負強い一面も。守備にはやや不安が
残る為、DHや第4の外野手的な使われ方が
多い。
常に明るくエネルギッシュに振る舞う
為、クラブハウスにポジティブな雰囲気を
もたらす。
レッドソックスのチェリントンGM
は、ゴームズのそういった姿勢を大変気に
入っていた。

[今シーズンの成績]
打率.234 6本塁打 32打点
OPS.683


 
・ヨエニス・セスペデス

Yoenis Cespedes 2014年7月トレード 

キューバの国内リーグにおいて、8年間
一線級の活躍をし続けた大砲。2011年末に
ドミニカに亡命し、その後アスレチックスと
契約。契約内容は2012年から始まる
4年3600万ドル。キューバ屈指の大砲で、
その実力はメジャー移籍後も如何なく発揮
されている。身体能力も非常に高く、時折
見せる鉄砲肩は凄まじい。荒々しいプレー
スタイルで、好不調の波が激しい。
内角に強く、強引にレフトスタンドに叩き込む
シーンもしばしば。

[今シーズンの成績]
打率.256 17本塁打 67打点
OPS.767


【所感】


今回のトレードで、アスレチックスは
強力なローテーションが完成した。

ジョン・レスター
10勝7敗 防御率2.52 
奪三振149 WHIP1.12

ソニー・グレイ
12勝3敗 防御率2.65 
奪三振121 WHIP1.18

ジェフ・サマージャ
4勝8敗 防御率2.92
奪三振130 WHIP1.11

スコット・カズミアー
12勝3敗 防御率2.37
奪三振116 WHIP1.02

ジェイソン・ハメル
8勝9敗 防御率3.87
奪三振116 WHIP1.17



どうやらビーンは、本気でワールドシリーズ
制覇を狙っているようだ。当初先発を務めて
いたジェシー・チャベスは再びセットアップに
配置転換されるだろう。現在、アスレチックス
先発防御率は3.32。この数字はもちろん
ア・リーグトップ。この陣容であれば、
今後2点台に突入する可能性もある。
セスペデスの放出も痛いが、この穴は
ゴームズとファルドで埋める事になりそうだ。



一方、今年は完全に『売りモード』に転じた
レッドソックス。いまだ中途半端な補強を
繰り返すヤンキースに比べれば、来季以降
よっぽど期待が持てる。
フランチャイズ
プレイヤーであったレスターは今シーズンで
FAに。もしかするとFAでレッドソックスに
復帰する可能性もある。チーム待望の右の大砲
セスペデスの獲得は大きい。来季の年俸も
1000万ドル程度でレッドソックスの財力
からすれば、何の問題もないだろう。
『グリーンモンスター』を越えるアーチを何本
描けるだろうか。




【2】編集後記

8月1日の早朝4時ごろ

スマホでトレードのニュースを見た時、


本当に驚きました。

その後、興奮してあまり

寝れませんでした(笑)

いやいや、やっぱりメジャーのトレードは

刺激的です!最高!

コメント

いつも楽しみに拝見させて頂いてます

意外とセスペデスって打撃の質が余り良くないんですね、、、
アスレチックスに合ってない感じがします
打線はプラトーンで勝ち抜けると判断したのでしょうか
もしこの戦法でWS制覇したらまたMLB全体が大きく変わりそうですね

Re: タイトルなし

>りょうたさん

いつもコメント有難うございます。

そうですね、セスペデスは打撃が粗い傾向に
ありますね。そういった点が、ビーンの
お気に召さなかったのかもしれません。

レフトはプラトーンで凌ぐようですね。
相手投手によって左打か、右打ちか、
といったところでしょうか。

ここまで補強したのですから、WSに
絶対進出してほしいですね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マツダ タクヤ

Author:マツダ タクヤ
過去にロサンゼルス在住。

トニー・タラスコ(元阪神)の実家に
ホームステイしてました。

基本的に朝7:00に
コラムをアップします。

スポーツWebサイト
『ベースボールチャンネル』で
MLBのコラムを書いております。

どうぞお付き合いくださいませ。

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。