野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2014年プレーオフ進出に向けて【ピッツバーグ・パイレーツ】野球人No.564TOPメジャーリーグ ≫ 2014年プレーオフ進出に向けて【ピッツバーグ・パイレーツ】野球人No.564

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2014年プレーオフ進出に向けて【ピッツバーグ・パイレーツ】野球人No.564

Andrew McCutchen 2014年プレーオフに向けて 

【1】今日のチーム

ピッツバーグ・パイレーツ

【現在の成績(8月10日現在)】

62勝55敗 勝率.530
ナ・リーグ中地区3位

得点 490
失点 481
得失点差 +9

防御率 3.65 (9位)
先発防御率 3.77 (10位)
救援防御率 3.46 (6位)
クオリティ・スタート 61 (10位)

得点 488 (3位)
打率 .258 (2位)
本塁打 101 (4位)
出塁率 .332 (1位)
盗塁 81(3位)

年俸総額(2014年開幕時)
7192万ドル



【プレーオフ進出の為のポイント】


2013年のシンデレラチーム、パイレーツ。
昨年は20年連続負け越しという、不名誉な
記録を断ち切り、見事プレーオフに進出。


今年は、4月終了時点で10勝16敗で
首位のブルワーズとは9ゲーム差。
だが夏場から盛り返し、6月を17勝10敗
7月を15勝11敗。
ブルワーズがもたつく中、
2ゲーム前後まで縮めてきた。


復調の要因は打撃陣の頑張り。今やメジャーで
『最もエキサイティングな選手』マカッチェン
が、今年もMVP級の活躍。走攻守ともに
ハイレベルなプレーでチームを牽引している。
また、選球眼に優れた選手が多く、チーム
出塁率はリーグトップの.332。好不調の
波が少ない打線だ。


反対に、投手陣は平均を下回るレベル。
やはり投手陣を束ねていたバーネットの移籍は
痛かった。さらに、昨年大活躍した救援陣は
今年は不調。クローザーだったグリリは、
炎上を繰り返し、エンゼルスへ放出された。
トレードデッドラインでも大きな補強は
なかった為、不安の残る陣容だ。


後半戦のキーマンは、やはりマカッチェン。
先日左ろっ骨を痛め、戦線離脱したが、
どうやらDL入りする程ではない模様。
また、トッププロスペクトのポランコ
存在も忘れてはならない。6月に昇格後、
期待にそぐわぬ活躍でレギュラーに定着。
終盤戦もチームの起爆剤として暴れ
まわってほしい所だ。



【ESPNが算出した、プレーオフ
進出の可能性(%)】

47%



※【最新情報】
 現地時間8月11日、マカッチェンの15日間の
 DL入りが発表されました。当初は軽傷と
 みられていましたが・・・。
 プレーオフ進出に黄色信号です!





【2】編集後記

先週お伝えしましたように、

今週の金曜日からスリランカへと

出張します。

取引先のご子息の結婚式に

出席する為です。

そこで迷っているのが『ドレスコード』。

一応、スーツを持って行くのですが、

なにせスリランカはとても暑いんです!

本当に出席者の方々は、フォーマルな

格好をするのかなと・・・(笑)

もしかしたら涼しげな民族衣装かも

しれませんね。

また、現地の写真をUPします!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。