野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 2014年プレーオフ進出に向けて【ロサンゼルス・ドジャース】野球人No.566

2014年プレーオフ進出に向けて【ロサンゼルス・ドジャース】野球人No.566

kershaw 2014プレーオフ進出分析  

【1】今日のチーム

ロサンゼルス・ドジャース

【現在の成績(8月12日現在)】

69勝52敗 勝率.570
ナ・リーグ西地区1位

得点 498
失点 440
得失点差 +58

防御率 3.31 (3位)
先発防御率 3.15 (1位)
救援防御率 3.64 (11位)
クオリティ・スタート 78 (4位)

得点 498 (4位)
打率 .259 (3位)
本塁打 90 (12位)
出塁率 .328 (2位)
盗塁 103 (1位)

年俸総額(2014年開幕時)
2億2933万ドル



【プレーオフ進出の為のポイント】


年俸総額トップのスター軍団が、予想通り
盤石の戦いぶり。開幕当初はもたついた
ものの、夏場に入り本領
発揮。7月に
首位ジャイアンツに追いつき、
一気に
ひっくり返した。


強みはやはり先発ローテーション。
先発防御率3.15はもちろんリーグトップ。
莫大なカネがかかっているローテーションだが
カーショウ、グレインキー、リュ、ヘイレンの
4本柱を打ち崩すのは至難の業である。


それに比べ救援陣はやや手薄。クローザーの
ジャンセンは33セーブを挙げているが、
セットアッパーが弱い。ドジャース唯一の
アキレス腱と言えるだろう。


打線はリーグ4位の得点を叩き出して
いる様に、高いレベルを維持している。
年俸に見合わないベテランたちを、若手が
カバーしている格好だ。2年目のプイーグは
エネルギッシュなプレーで暴れまわり、
俊足のゴードンもリーグトップの51盗塁。


今の戦力から考えて、プレーオフ進出は
ほぼ確実。むしろこれだけスター選手を
集めたのだから当たり前、と言える。
キーマンはプイーグとゴードンのコンビか。
チャンピオンまで一気に駆け抜ける為には、
彼らの『勢い』が不可欠。新星ドジャースの
象徴となってほしいところだ。


【ESPNが算出した、プレーオフ
進出の可能性(%)】

96%



【2】編集後記

15日の早朝に飛行機が出発

するので、今晩から関西国際空港

の近くのホテルに入ります。

仕事でいつも使っているのは、

中部国際か成田なので

関西国際は久々です。

スリランカではあまり楽しめなさそう

なので(笑)、関西国際の免税店で

楽しみます。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30