野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 2014年プレーオフ進出に向けて【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.572

2014年プレーオフ進出に向けて【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.572

Greg Holland 2014年プレーオフ進出分析  

【1】今日のチーム

カンザスシティ・ロイヤルズ

【現在の成績(8月15日現在)】

67勝54敗 勝率.554
ア・リーグ中地区1位

得点 494
失点 468
得失点差 +26

防御率 3.55 (4位)
先発防御率 3.69 (4位)
救援防御率 3.24 (4位)
クオリティ・スタート 69 (3位)

得点 494 (9位)
打率 .264 (2位)
本塁打 72 (15位)
出塁率 .312 (12位)
盗塁 108 (1位)

年俸総額(2014年開幕時)
9218万ドル



【プレーオフ進出の為のポイント】


長きに渡る低迷期から、ついに脱した感のある
ロイヤルズ。昨年は惜しくもプレーオフ進出を
逃したが、今シーズンは可能性十分。6月に
10連勝を記録し、首位タイガースを猛追。
現在チームは絶好調で、8月の月間成績は
12勝3敗。先日ついにタイガースを抜き
首位に立った。


強みは何と言っても投手陣。先発はエースの
シールズ、新加入のバルガス、ルーキーの
ベンチュラ等で、安定感のあるローテーション
を形成。タイガースほど『派手』なローテー
ションではないが、クオリティースタートが
リーグ3位と、実力はトップクラス。また、
救援陣もしっかりしており、特にデービスから
ホランドへと繋ぐ必勝リレーはリーグ屈指。


打線はパワーはないものの、青木を筆頭に
『スモールボール』を得意とする。本塁打数が
リーグでダントツの最下位、盗塁異数が
リーグ1位と、非常にわかり易いチーム
カラーだ。


得点力向上の為、ツインズからウィリンガムを
獲得したが、あまり大きな期待はできない
だろう。ロイヤルズがプレーオフに進出し、
尚且つ、短期決戦を勝ち抜く為には、やはり
守り勝つしかない。


全くチームカラーの異なるロイヤルズと
タイガースが、激しく首位を争っている。
破壊力のタイガース対スモールボールの
ロイヤルズ。この両者の戦い、なかなか
見ごたえがあるので、是非チェックして
頂きたい。



【ESPNが算出した、プレーオフ
進出の可能性(%)】

65%



【2】編集後記

このコラムがUPされた頃には

ちょうど日本に到着した頃かと

思います。

あっという間のスリランカでしたが、

やはり東南アジアの方たちは

信仰深く、いい人が多いです。

また彼らが来日した時は色々と

おもてなしをしてあげたいと思います。

Comment

日米
編集
失礼しま~す。
スリランカお疲れ様でした(笑)

さて秋の日米野球、まず4人の選手の発表がありましたね~(出場予定ですが…)
プーホールス、アダム・ジョーンズ、プイーグ、カノ
う~ん、これだけでも行きたくなってしまいます!
どんなメンバーで、どんな試合になるのやら。今から楽しみです!
2014年08月21日(Thu) 01:42
Re: 日米
編集
>たかっちさん

コメントありがとうございます!

日米野球、楽しみですね!
あのプイーグも来るんですね~。
なかなか見どころのあるメンバーです!
2014年08月21日(Thu) 15:18












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30