野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 個性派スラッガー、A'sへ【アダム・ダン】野球人No.588TOPメジャーリーグ ≫ 個性派スラッガー、A'sへ【アダム・ダン】野球人No.588

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

個性派スラッガー、A'sへ【アダム・ダン】野球人No.588

Adam Dunn athletics移籍 

【1】今日の野球人
[選手名]アダム・ダン
[ポジション]ファースト、DH
[チーム]オークランド・アスレチックス
[背番号]10
[生年月日]1979/11/9
[2014年シーズン年俸]1500万ドル





今シーズン、『超本気モード』
オークランド・アスレチックス。
7月に2件、ビックトレードを成立させた。



もうビリービーンの頭の中には
ワールドチャンピオンしかない。



新たに加わった先発3本を軸に、
8月に最後の追い込みをかける
はずたったのだが・・・。

Jeff Samardzija 2014年7月トレード3

ビーンの目論見は外れ、8月は12勝17敗。
7月まで毎月勝ち越し、5月以外は
全て勝率.600を以上だっただけに、
予想外のつまづきだ。



そんなアスレチックスを横目に、ライバルの
エンゼルスは絶好調。8月はリーグ最多タイの
19勝を挙げ、一躍首位に躍り出た。



アスレチックス急ブレーキの要因は、
打撃陣の不振。8月の月間打率は.222
リーグ最下位。得点力も大きくダウンした。



なかでもアスレチックスの『十八番』で
あった出塁率は、8月わずか.300。これは
ちょっと気がかりだ。

Samardzija 降板

優勝へのプレッシャーなのか、それとも
主砲セスペデスの放出が裏目と出て
しまったのか。



ともあれ、こんな所でつまづいている
ところではないアスレチックス。
緊急策として、ホワイトソックスから、
大砲アダム・ダンを獲得した。






ここ最近は、打率.220すら打つのが
難しくなってきたのだが、長打力と
選球眼はまだまだ健在。

Adam Dunn athletics移籍4

今シーズンも打率.226ながら、
出塁率.345 本塁打22本を記録。
相変わらず三振のペースは順調(?)で、
今年は2.7打席に1度に三振する計算。



まさに『マネーボール』にぴったりの選手。
峠は過ぎたものの、ビーンはダンがまだまだ
働けると判断したようだ。



アスレチックス復活のキーマンになれる
だろうか。

Adam Dunn athletics移籍2

ちなみにこのダン、今シーズン限りで
引退する事を示唆している。まだ正式では
ないものの、ダンの様な『超個性的』な
スラッガーがいなくなるのは、とても寂しい。



まだまだ、パワーは残っているはず。





【2】編集後記

年末に向けて、仕事の予定が色々と

入ってきました。

ちょっと忙しくなりそうです^^;

トレーニング、家族サービス、読書、

そしてこの野球人.com

これらの時間を確保できる様、

きちんとマネージメントしていきたいと

思います。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。