野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 135km/h の剛速球【山本昌広】野球人No.590TOP日本プロ野球 ≫ 135km/h の剛速球【山本昌広】野球人No.590

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

135km/h の剛速球【山本昌広】野球人No.590

山本昌 49歳勝利 

【1】今日の野球人
[選手名]山本昌広
[ポジション]ピッチャー
[チーム]中日ドラゴンズ
[背番号]34
[生年月日]1965/8/11
[2014年シーズン年俸]4000万円





この男には、ダルビッシュのような華麗さや、
上原のようなキレもない。骨太で、泥臭く、
時に不格好。まさに『農耕馬』という言葉が
しっくりくる。



中日ドラゴンズの山本昌。



昨日の阪神対中日戦で今季初登板。
5回を投げ、90球 被安打5 四死球1
失点0で抑え、今季初勝利を挙げた。



そしてこの勝利は、日本球界にとって
歴史的勝利となった。



そう、1950年に阪急の浜崎真二がリリーフ
で記録した48歳4か月を破り、最年長勝利
を記録したのだ。年齢は49歳と25日。
1965年生まれの中年が、とんでもない
記録を作った。

山本昌 49歳勝利3

186cm、100kgの巨体を揺らして
大きく振りかぶる。そして、とても滑らかとは
言い難い、何ともぎくしゃくしたピッチング
フォームでボールを放る。山本昌はずっと
このフォームで闘ってきたのだ。



45歳を過ぎてからは、さすがにシーズンを
通して1軍で投げる事はないが、ここ数年、
必ず夏場に仕上げてくる。全く恐れ入る。
2軍の炎天下で、息子ほど年齢の離れた
若手たちと、
共に汗を流す。顔は日焼けで
真っ黒だ。



直球のスピードは130km/hそこそこ。
そこにスライダー、90km/h台のカーブ、
そしてスクリューを織り交ぜる。緩急の
つけ方は、もう『芸術的』としか言いよう
がない。



さらに山本昌のストレートは、高い回転数が
かかっている為、打者はスピードガン以上に
速度を感じると言う。



『緩急』『回転数』



これが135km/hを、剛速球に見せる
秘訣だ。

山本昌 49歳勝利2

ちなみにGMの落合からは、
『何が何でも50歳まで投げろ』
とのお達し。昨日の投球を見ると、かなり
現実味が帯びてきた。なにせ49歳で90球
を投げたのだから・・・。



まさに『レジェンド』と呼ぶにふさわしい
ピッチングだった。





【2】編集後記

デング熱が猛威を振るってますね。

私も先日のスリランカ滞在中は、

蚊に刺されないように、虫よけスプレーを

頻繁に使っていました。

皆さんも、どうぞお気をつけて!!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。