野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ レンジャースに不穏な空気・・・?【ロン・ワシントン】野球人No.597

レンジャースに不穏な空気・・・?【ロン・ワシントン】野球人No.597

Ron Washington 辞任2 

【1】今日の野球人
[選手名]ロン・ワシントン
[チーム]テキサス・レンジャース




8月9日に登板して以来、右ひじの炎症に
よりDL入りしていたダルビッシュ。



先日、残り試合の出場を見送ると、球団から
発表された。これでダルビッシュの2014年
は終了した。下記、今シーズンの成績。



22試合 144イニング 被安打133 
四死球49 被本塁打13 被打率.241

10勝7敗 防御率3.06 182奪三振
WHIP1.26

Darvish 右肘炎症

デビュー以来、3年連続2ケタ勝利はクリア。
順調にいけば、間違いなく200イニング、
200奪三振はクリアしていただろう。
何とも惜しい・・・。



レンジャースは、大砲プリンス・フィルダー、
韓国の至宝、秋信守(チュ・シンス)を獲得し
並々ならぬ意気込みで臨んだ今シーズン。



しかし投手陣は崩壊し、3Aレベルの選手が
マウンドに登っている。期待のフィルダーは
首の手術で5月中旬に戦線離脱。秋も不調
から脱せぬまま、そのままDL入り。

秋信守 打席での忍耐

その結果、チームは30球団ワーストの
勝率で、ダントツの最下位。アストロズに
さえ、10ゲーム差以上離されている。



そして現地時間5日、レンジャースは
ロンワシントン監督の辞任を発表した。



ワシントン監督は、2007年から
チームを
率いており、今季が8年目。
昨年まで
4年連続でプレーオフに進出し、
2010年、2011年には2年連続で
ワールドシリーズに出場している。

Ron Washington 辞任3

人柄には定評があり、地味ながら
着実に結果を出していた監督で
あった。今年の2月には2015年までの
契約を延長したばかり・・・。



レンジャーズのGMは、『やり手』で知られる
ジョン・ダニエルズ。



一説によると、以前からこのダニエルズGMと
ワシントン監督の折り合いが悪かったとの事。

John daniels 監督特集

このGMは、ノーラン・ライアン元球団社長
とも
揉めて、チームから追い出した事もある。



今回の辞任は、表向きは成績不振と、
ワシントン監督の家庭の
事情との事だが、
やはり内部でゴタゴタが
あったのは
間違いなさそうだ。



悪循環に入り、このまま再び低迷期、という事
だけは避けたいところ。今年で全ての
膿(うみ)を出し切り、来シーズンは、強い
レンジャースを期待したい。





【2】編集後記

マクドナルドの業績が、右肩下がりで

落ちています。

トップが女性経営者に代わり、

方針や今後の方向性が、まだ

ぶれているようですね・・・。

そこで苦肉の策として、大人気ゲーム

『妖怪ウオッチ』のおまけをつけた

メニューを加えたとの事。

やや小手先の戦術とはいえ、

『妖怪ウオッチ』を味方につけたのは

大きいですね(笑)

早速うちの子供たちからも、

『マックに行きたい』と言われました(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31