野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 2014年プレーオフ進出チーム ~その8~【デトロイト・タイガース】野球人No.613

2014年プレーオフ進出チーム ~その8~【デトロイト・タイガース】野球人No.613

Tigers 2014年プレーオフ進出

【1】今日のチーム

デトロイト・タイガース

【現在の成績(9月28日現在)】

90勝72敗 勝率.556
ア・リーグ中地区1位

得点 757
失点 705
得失点差 +52

防御率 4.04 (11位)
先発防御率 3.92 (10位)
救援防御率 4.30 (13位)
クオリティ・スタート 89 (3位)

得点 754 (2位)
打率 .277 (1位)
本塁打 154 (5位)
出塁率 .331 (1位)
盗塁 105 (4位)

年俸総額(2014年開幕時)
1億6363万ドル



【プレーオフ進出の為のポイント】

ア・リーグ中地区随一の戦力を持つ、
タイガース。戦力的に地区優勝は当たり前、
最低でもア・リーグチャンピオンといった
陣容だ。しかしながら思いのほか苦戦した
シーズンであった。ロイヤルズの追撃を受け、
9月の半ばにやっと首位を奪回したように、
決して楽ではなかった。


先発陣は超豪華なスタッフが揃う。ただ
先発防御率がリーグ10位と、内容は平均
以下。シャーザーは安定感抜群だが、
バーランダーに凋落傾向が見え、プライスも
調子が悪い時には滅多打ちにあう。


救援陣は今年も不安だらけ。クローザーの
ネイサンを僅差で投入するのは怖い。
サンチェスがセットアップに回ったとしても
まだまだ頭数が足らないだろう。


反対にチーム打率1位、得点2位、
出塁率1位の打線はまさに驚異。
カブレラは足首の故障に悩まされながらも、
天才的なバッティングは健在。長打は激減した
ものの、RBIマシンぶりを如何なく発揮。後ろを
打つ『2人のマルチネス』も絶好調。特に
ビクター・マルチネスはMVP候補だ。


救援投手の脆弱さという、明確な弱点がある
ものの、戦力的には間違いなくチャンピオン
候補。先発投手をいかに長く引っ張れるかが
カギになるだろう。1番~4番まで、全員が
80打点以上という強力打線で、打って、
打って、打ちまくる野球を期待しよう。



【2】編集後記

今週末は、子供の運動会です。

初めての運動会という事もあり、

両家のおじいちゃん、おばあちゃん

さらにはひいおじいちゃん、

ひいおばあちゃんまで

参加する予定です・・・^^;

とんだ大イベントになりそうです(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30