野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 一躍、『時の人』に・・・【トラビス・イシカワ】野球人No.633TOPメジャーリーグ ≫ 一躍、『時の人』に・・・【トラビス・イシカワ】野球人No.633

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

一躍、『時の人』に・・・【トラビス・イシカワ】野球人No.633

Travis Ishikawa 時の人 

【1】今日の野球人
[選手名]トラビス・イシカワ
[ポジション]ファースト、レフト
[チーム]サンフランシスコ・ジャイアンツ
[背番号]45
[生年月日]1983/9/24
[2014年シーズン年俸]100万ドル




見事カージナルスを下し、ワールドシリーズ
への切符を手にしたジャイアンツ。



最後は伏兵トラビス・イシカワの
サヨナラ3ランで試合を決めた。



今日は一躍、『時の人』となった、
トラビス・イシカワにスポットを
当ててみたい。



日系アメリカ人である、イシカワは、
2002年にドラフト21順目
(全体637番目)でサンフランシスコ・
ジャイアンツに入団。



平均以上の選球眼と、パンチのある打撃で
2006年にメジャー昇格。左の大砲として
期待された。

Travis Ishikawa 時の人4

だが、メジャー7年間でレギュラーに
定着する事は1度もなく、メジャーと3Aを
往復する『エレベーター状態』。



通算7年間、計6球団に所属し

打率.255 22本塁打 129打点

という成績。



メジャーの厚い壁に阻まれ、『左の代打』
カテゴリーから、抜け出す事ができなかった。



今シーズンも4月下旬にパイレーツを解雇
され、マイナー契約でジャイアンツに
拾われた。だが3Aでも結果を出せず、
ベンチを温める日々が続いていたイシカワ。

Travis Ishikawa 時の人2

引退すら覚悟していたその時、メジャー昇格の
声がかかった。ジャイアンツの外野陣に、
故障者が続出したからだ。元々は一塁手の
イシカワだが、連日特守を受け何とか
プレーオフのベンチ入りメンバーを
勝ち取った。



もちろんイシカワは、メジャーで一度も
サヨナラ本塁打を打った事がなかった。
そんな男が、あまりにも劇的な一打で、
ワールドシリーズ進出を決めたのだ。



短期決戦では、必ず『ラッキーボーイ』
現れる。そして、まさかこの男が
『ラッキーボーイ』になろうとは、誰も
予想できなかっただろう・・・。

Travis Ishikawa 時の人3

『秘密兵器』トラビス・イシカワを従え、
ジャイアンツは最終決戦の地、カンザスシティ
へと乗り込む。




【2】編集後記

昨日は、久々に深酒をしました^^;

所属している団体の先輩方に

付き合っていた為です。

帰り道は、フラフラしながら

自転車で帰宅・・・。

今晩は、ゆっくり休みたいです(笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。