野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ いざ大舞台へ・・・【青木宜親】野球人No.636TOPメジャーリーグ ≫ いざ大舞台へ・・・【青木宜親】野球人No.636

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

いざ大舞台へ・・・【青木宜親】野球人No.636

青木 2014年ワールドシリーズ第1戦 

【1】今日の野球人
[選手名]青木宜親
[ポジション]ライト
[チーム]カンザスシティ・ロイヤルズ
[背番号]23
[生年月日]1982/1/5
[2014年シーズン年俸]191万ドル



待ちに待ったワールドシリーズ第1戦。
カウフマンスタジアムは超満員に
膨れ上がった。



チケット代は高騰し、噂によると一番
安い席でも7万円以上するとの事。
なにせ29年ぶりの晴れ舞台だのだ。
『その金額なら、惜しくない!』と考える
ファンも多いだろう。



しかし結果はジャイアンツの完勝。初回に
ロイヤルズ先発のシールズを責め立て、
一挙3得点。その後も要所要所で追加点を
挙げ、終わってみれば10安打、7得点。



大舞台に強い、
『Big Game Shields』
完膚なきまでに打ちのめした。

James Shields 2014年ワールドシリーズ第1戦

反対にロイヤルズの打者は、ジャイアンツ
先発バムガーナーに完璧に抑え込まれた。
我らの青木も4打数ノーヒットであった。



ちなみに青木の出場により、日本人野手
として7人目のワールドシリーズ出場と
なった。



2002年 新庄
2003年 松井秀
2004年 田口
2005年 井口
2006年 田口(2度目)
2007年 松井稼
2008年 岩村
2008年 田口(出場なし)
2009年 松井秀(2度目)



やはり印象に残っているのは2009年の
松井秀喜だろう。フィリーズとの対戦で
大活躍。

打率.615 3本塁打 8打点

とゴジラが大爆発し、MVPに輝いた。



今年の青木も、ラッキーボーイになれる
要素を持っている。良い意味で開き直り、
第2戦に臨んで頂きたい。




【2】編集後記

現在、新しいプロジェクトを

立ち上げようとしています。

ターゲットは20代後半~30代の女性なの

ですが、まずは弊社の女性社員とともに、

メールマガジンの発行から取り組む

予定です。発行人と、編集責任者は

私なのですが、女性向けに文章を

書く事は、慣れていません(笑)

『野球人.com』の読者の皆様は、

99%、男性だと思いますので・・^^;

ともあれ、前向きにチャレンジ

していきたいと思います!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。