野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ サイ・ヤング賞候補たち【ナ・リーグ編】野球人No.653

サイ・ヤング賞候補たち【ナ・リーグ編】野球人No.653

Johnny Cueto 2014年サイ・ヤング賞候補2 

【1】今日の野球人

サイ・ヤング賞候補たち




クレイトン・カーショウ

27先発 198イニング 21勝3敗
防御率1.77 239奪三振 31四死球
WHIP 0.86

Clayton Kershaw no hitter2

MVP候補にも挙がっている、球界を代表
する左腕。6月にノーヒッターを達成し、
2年連続3度目のサイ・ヤング賞は、ほぼ当確
との声も。地区優勝にも大きく貢献し、
MVPとのダブル受賞の可能性も高い。
サイ・ヤング賞の評価基準とは関係ないが、
プレーオフに弱い事が唯一の弱点。




ジョニー・クエト

34先発 243イニング 20勝9敗
防御率2.25 242奪三振 65四死球
WHIP 0.96

Johnny Cueto 2014年サイ・ヤング賞候補

野茂英雄を彷彿とさせる『ミニ・トルネード』
投法で三振の山を築く。昨シーズンは怪我で
わずか11試合の登板だったが、見事に復活。
242の三振を積み上げ、奪三振王を獲得。
20勝と防御率2.25はリーグ2位。ただ、
チームが4位に低迷した事が、どのように
票に影響するか。




アダム・ウェインライト

32先発 227イニング 20勝9敗
防御率2.38 179奪三振 50四死球
WHIP 1.03

Adam Wainwright 2014年サイ・ヤング賞候補

タイトルこそ逃したものの、自身2度目の
20勝、2年連続でWHIP 1.00台
抜群の安定感。素晴らしかったのは
被本塁打の少なさ。わずか10本と、
カーショウの9本には及ばないが、常勝軍団
のエースにさわしい投球内容であった。
チームを優勝に導く活躍も、上記の2人に
比べると、やや分が悪いか。





【2】編集後記

松坂投手に続き、川崎選手、中島選手も

日本球界に復帰しそうな状況ですね。

やはり内野手の挑戦は、まだまだ

ハードルが高いですが、

鳥谷選手に期待しましょう!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30