野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 最優秀監督賞は、誰の手に!?【ナ・リーグ編】野球人No.654

最優秀監督賞は、誰の手に!?【ナ・リーグ編】野球人No.654

Clint Hurdle 2014年最優秀監督賞候補 

【1】今日の野球人
最優秀監督賞の候補者たち





その年、最も優秀だった監督を決める
Manager of the Year
(最優秀監督賞)



今シーズンも個性あふれる指揮官たちが
ノミネートされた。今日は、ナ・リーグの
候補者たちをチェックしていきたい。




ブルース・ボウチー

【チーム】サンフランシスコ・ジャイアンツ
【就任】2007年(8シーズン目)
【成績】88勝74敗 西地区2位

※ワールドシリーズ制覇

Bruce Bochy 2014年最優秀監督賞候補

今年で監督業20年目の名将中の名将。
下馬評の低かったジャイアンツを
ワールドチャンピオンへと導き、
2010年、2012に続き、3度目の頂点に
立った。3度ワールドチャンピオンに輝いた
監督は、全員殿堂入りを果たしており、
ボウチーもほぼ確定だろう。セイビアンGMが
集めてきたベテランを上手く使いこなし、
選手からの信頼も抜群。ただ、金満球団の
ジャイアンツを率いているだけに、毎年
やや厳しめの評価を受けている。




クリント・ハードル

【チーム】ピッツバーグ・パイレーツ
【就任】2011年(4シーズン)
【成績】88勝74敗 中地区2位

※ワイルドカード敗退

Clint Hurdle 2014年最優秀監督賞候補2

昨年、20年連続負け越しのチームを
プレーオフに導き、最優秀監督賞を受賞。
今シーズンは出足こそつまづいたものの、
5月以降盛り返し、2年連続でプレーオフに
進出。昨年の成績がフロックではないことを
証明して見せた。熱血漢で若手のやる気を
引き出すのが上手い。若手有望株が豊富な
パイレーツに、非常にマッチした監督だ。
2年連続の受賞となるか!?




マット・ウィリアムズ

【チーム】ワシントン・ナショナルズ
【就任】2014年(1シーズン)
【成績】96勝66敗 東地区1位

※地区シリーズ敗退

Matt Williams 2014年最優秀監督賞候補

メジャートップクラスの投手陣を擁し、
『地区優勝は当たり前』と言われた
ナショナルズ。監督1年目のウィリアムズには
大きな重圧がのしかかったが、まずは結果を
出した。若手のハーパー等、暴走する選手が
多い中、ウィリアムズのリーダーシップで
纏めあげたと言えよう。ただ、プレーオフでは
疑問が残る采配が目立ち、最後の最後で
やや評価を落としたようだ。





【2】編集後記

昨日は、私たちの家族、妻の両親、

妻の妹たちとリンゴ狩りに。

天気はあいにくの雨でしたが、

大量にリンゴを捕ってきました^^;

会社や近所に配る予定ですが、

それでもかなり余りそうです(笑)

しばらくは、リンゴの毎日を

送る事になりそうです^^;

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30