野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ 2014年シルバースラッガー賞の受賞者たち【ナ・リーグ編】野球人No.659

2014年シルバースラッガー賞の受賞者たち【ナ・リーグ編】野球人No.659

Andrew McCutchen シルバースラッガー賞 

【1】今日の野球人

シルバースラッガー賞の受賞者たち



2日間で守備の栄誉であるゴールドグラブ賞の
受賞者たちをチェックした。今日からは
打撃の栄誉であるシルバースラッガー賞
受賞者たちをみていきたい。



P マディソン・バムガーナー(SF)
  初受賞

C バスター・ポージー(SF)
  2年ぶり2回目

1B エイドリアン・ゴンザレス(LAD)
   3年ぶり2回目

2B ニール・ウォーカー(PIT)
   初受賞

3B アンソニー・レンドン(WAS)
   初受賞

SS イアン・デスモンド(WAS)
   3年連続3回目

OF アンドリュー・マカチェン(PIT)
   3年連続3回目

OF ジャンカルロ・スタントン(MIA)
   初受賞

OF ジャスティン・アップトン (ATL)
   3年ぶり2回目



世界一を獲得したジャイアンツのバッテリーが
選出。エースのバムガーナーは今年、バット
でも大活躍。

Madison Bumgarner シルバースラッガー賞

打率.258 4本塁打 15打点
と堂々たる成績を残した。今シーズンは
満塁ホームランも記録し、攻守ともに
最高のシーズンであった。



三遊間は、ナショナルズのコンビが選ばれた。
中でもショートのイアン・デズモントは、
これで3年連続の選出。

Ian Desmond シルバースラッガー賞

打率.255 24本塁打 91打点
という成績を残し、さらには24盗塁。
3年連続で20本塁打20盗塁を記録し、
『スピードとパワーのある遊撃手』といった
地位を、確固たるものとした。しかしながら、
攻守共に粗さは健在で、183三振
24失策を記録。



3年連続受賞のマカッチェンは、
もはや『ピッツバーグの英雄』と呼ぶに
ふさわしい男だ。

Andrew McCutchen 中地区

今年はけがに苦しんだものの、3年連続で
打率.300 20本塁打 80打点
出塁率.400 OPS.900 を記録。
今シーズンもプレーオフ進出に貢献した。



ブレーブスのアップトン兄弟の弟、
ジャスティン・アップトンも2度目の選出。

justin upton 2014シルバースラッガー賞

恵まれた体格から繰り出すパワーで、
ブレーブス打線の中核として機能した。
抜群の素質をもちながらも、精神面での
未熟さが指摘されてきたが、近年は大きな
トラブルを起こしていない。年齢的にも
選手としての成熟期を迎え、本格的な
覚醒に期待したい。ただ、残念ながら
兄のBJは昨年に続き、今シーズンも
大不振であった。



明日はア・リーグの受賞者たちを
チェックしていきたい。






【2】編集後記


ドジャースのエース左腕カーショウが

MVPとサイヤング賞のダブル受賞!

いやいや、さすが現役最強左腕。

あとはポストシーズンでの弱ささえ

克服できれば・・・。

※ポストシーズン通算成績
   1勝5敗 防御率5.12

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31