野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ ストーブリーグを賑わすFA投手たち【7位~9位】野球人No.663

ストーブリーグを賑わすFA投手たち【7位~9位】野球人No.663

Andrew Miller 2014年FA8位2 

【1】今日の野球人

ストーブリーグを賑わす先発投手たち





昨日に引き続き、FAマーケットに出ている
投手たちをチェックしていきたい。今日は
7位~9位の投手たち。



下位にランクインされているものの、
貴重なリリーバーたちがノミネート。
中規模マーケットの球団でも手が届き
そうな金額であり、彼らを必要とする
球団も多いに違いない。




第7位

【選手名】
デビット・ロバートソン

David Robertson 2014年FA7位

【分類】
救援右腕

【2014年所属球団】
ヤンキース

【2014年主要成績】
4勝5敗39S 防御率3.08
96奪三振 WHIP1.06

【年齢】
30

【予想契約条件】
3年3600万ドル

【予想移籍先】
ナショナルズ、タイガース、
ヤンキース、ホワイトソックス



マリアノ・リベラの後を受け、クローザーの
座に着いた。開幕前は心配する声も聞かれ
たが、蓋を開けてみれば堂々たる成績。
奪三振率は13.4に達し、リーグ3位の
39セーブを記録。クローザーという
過酷なポジションだが、年齢的にもまだまだ
働けるだろう。ただし、クオリファイング
オファーを拒否しており、クローザー獲得の
為にドラフト上位指名権を犠牲にできる
チームは限られている。





第8位

【選手名】
アンドリュー・ミラー

Andrew Miller 2014年FA8位

【分類】
救援右腕

【2014年所属球団】
レッドソックス/オリオールズ

【2014年主要成績】
5勝5敗1S 防御率2.02
103奪三振 WHIP0.80

【年齢】
29

【予想契約条件】
3年2700万ドル

【予想移籍先】
ドジャース、タイガース、
ヤンキース、オリオールズ


昨シーズンのミラーの働きぶりは
素晴らしかった。4シームとスライダーの
2ピッチスタイルで、三振の山を築く。
特にオリオールズ移籍後は目覚ましく、
奪三振率15.3、防御率1.35をマーク。
左右両打者を、被打率.200以下と、
完璧に抑え込んだ。ロイヤルズのウェイド・
デービス同様、8回を完全に抑えられる
投手だ。





第9位

【選手名】
ジェイソン・ハメル

jason hammel 2014年FA9位

【分類】
先発右腕

【2014年所属球団】
カブス/アスレチックス

【2014年主要成績】
10勝11敗 防御率3.47
158奪三振 WHIP1.12

【年齢】
32

【予想契約条件】
3年3000万ドル

【予想移籍先】
ツインズ、アストロズ、
ブレーブス



怪我さえなければ、ローテの4番手あたりで、
年間170イニング程度投げられる右腕。
以前は2シームを多投する完全なる
グラウンドボールピッチャーであったが、
近年は4シームを交えるようになった。
下位ローテのピッチャーだが、もう少し
イニングを投げられれば需要も増すはず
なのだが。いずれにせよ、内野守備が上手い
チームに向いている。





明日は10位の投手と、番外編の
投手たちをチェックしていきたい。





【2】編集後記

今週末の3連休は、家族で

東京旅行&ディズニーランドを

計画しておりました。

しかし、昨日長男が熱を

出しました・・・^^;

まさかの中止かも・・・(苦笑)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30