野球人.com

TOPメジャーリーグ ≫ セントルイスへ旅立った、超逸材【ジェイソン・ヘイワード】野球人No.669

セントルイスへ旅立った、超逸材【ジェイソン・ヘイワード】野球人No.669

Jason Heyward 2014年トレード 
 
【1】今日の野球人
[選手名]ジェイソン・ヘイワード
[ポジション]ライト
[チーム]セントルイス・カージナルス
[生年月日]1989/8/9
[2014年シーズン年俸]500万ドル




今オフのトレードを随時チェックして
いきたい。今日は少々遅くなってしまったが、
先日行われたブレーブスとカージナルスの
トレードを取り上げてみる。



カージナルス→ブレーブス

シェルビー・ミラー(RHP)
タイレル・ジェンキンス(RHP)



ブレーブス→カージナルス

ジェイソン・ヘイワード(RF)
ジョーダン・ウォルデン(RHP)



ブレーブスは今オフ、先発のサンタナと
ハラングがFAに。その穴埋めとして
2年連続2ケタ勝利を挙げたシェルビー・
ミラーを獲得。フリオ・テラーンと共に、
ブレーブス先発陣を引っ張っていく。

Shelby Miller 2014トレード

かたやカージナルスは、球団期待の有望株で
あった右翼手のオスカー・タベラスを、
あの悲しい事故で失ってしまった。
将来設計が大きく狂ったカージナルスが、
急遽ヘイワードの獲得に至ったという訳だ。



今回のトレードで、注目したいのは
何と言ってもジェイソン・ヘイワード。

Jason Heyward 2014年トレード3

2007年ドラフト1順目で入団した、
超逸材。抜群の身体能力を誇り、入団当初
から『ケン・グリフィーJrを越える才能』
期待され続けてきた。



2010年に20歳でメジャーデビューし、
今年で5年目。着実にスーパースターへの道を
歩み始めているが、やはりこの男の才能から
すると、まだまだ物足らなく感じてしまう。



すでに守備面では文句なし。守備範囲、肩、
ポジショニングと、超一流の域。今年も
ゴールドグラブ賞を受賞。守備防御点に
至っては驚異の+32を記録。美技を
連発し、我々を楽しませてくれた。 

Jason Heyward 2014年トレード4

課題はバッティング。



この男の能力からすれば、
3割30本塁打30盗塁は確実、
40本塁打40盗塁すら可能だろう。
だからこそ、2割8分すら越えられない
現状が、何とも歯がゆい。



如何せん、左投手が打てない。
今シーズンも対左投手の成績が、

打率.169 出塁率.252 
OPS.477

と全くと言っていいほど打てなかった。


Jason Heyward 長期契約

ここ数年足踏み状態が続いており、壁に
ぶち当たった感がある。20代中盤に入り、
今回の移籍を機に、もう一皮むけてほしい
ところだ。



そしてセントルイスのファンは、天国に去った
タベラスの姿を、このヘイワードに重ねる
だろう。そういった意味でも、ヘイワードの
覚醒を期待したい。





【2】編集後記

横綱の白鵬が32度目の優勝を

飾り、歴代最多優勝回数に並びました。

いやいや、凄いですね・・・。

それにしても3横綱全員がモンゴル人。

やはり、日本人横綱が出てこないと!

Comment

No title
編集
いつも楽しく読ませて頂いています。

ヘイワードの移籍もびっくりですが、
サンドバルとHラミレスのBOS入り
もびっくりです。
この三遊間?
いやいやパンダはDH?
元BOSプロスペクトはボガーツと
まるかぶり?
BOSは先発も必要だし....。

いやはや面白くなってきましたね。
2014年11月25日(Tue) 17:48
Re: No title
編集
>アルフォンサスさん

コメント有難うございます!

いやいや、ビックリですね。
私もこのニュースを聞いた時、
ボガーツの事が気になりました^^;

今年1年ボガーツ使ってみて、
『成長を待っていられない!』
と判断したのでしょうか・・・。

先発の補強も必須なだけに、
今後も目が離せませんね!
2014年11月25日(Tue) 18:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30