野球人.com

TOP2014年 MLBチーム総決算編 ≫ 2014年MLBチーム総決算編【アトランタ・ブレーブス】野球人No.686

2014年MLBチーム総決算編【アトランタ・ブレーブス】野球人No.686


~終盤の失速でまさかの転落。名GMの
就任で、名門チームを立て直す~


Julio Teheran 2014年ブレーブス総括
 

少し遅くなってしまったが、今シーズンの
メジャー30球団の総括をしていきたい。
原則、1日1球団でチェックしていく予定。
まずは、ナ・リーグ東地区のブレーブス
から。



【1】今日のチーム

アトランタ・ブレーブス

2014年度成績

[成績]79勝83敗
[順位]東地区3位
[得失点差]-24(9位)
[年俸総額]1億1200万ドル(13位)
[観客動員数]235万人(18位)
[監督]フレディ・ゴンザレス
[GM]フランク・レン⇒ジョン・ハート


打撃・走塁成績

[得点]573(14位)
[打率].241(11位)
[本塁打]123(11位)
[出塁率].305(10位)
[盗塁]95(8位)


投手・守備成績

[失点]597(13位)
[先発防御率]3.42(4位)
[救援防御率]3.31(6位)
[WHIP]1.27(9位)
[セーブ失敗]13回(14位)
[守備防御点]+19(7位)



【総括】

開幕前はナショナルズと並び、東地区の
優勝候補。案の定、3月4月を抜群の成績で
スタートダッシュに成功。前半戦をリーグ2位
で折り返したものの、夏場から失速。さらには
9月を7勝18敗と完全に沈没し、6年ぶりの
負け越しシーズンとなった。敗因は打撃陣。
リーグ14位の得点力で、フラストレーション
のたまる打線であった。中でもアップトン兄の
不振は深刻で、不良債権になりつつある。
投手陣は、テラーンがブレイクし、エース級
の活躍。トミー・ジョン手術で全休した、
メドレンの穴を埋めた。クローザーの
キンブレルは相変わらずの安定感。
チームのセーブ失敗の合計がわずか13回と、
今年も安心できるリリーバーたちであった。



【2015年シーズンに向けて】

成績不振により、2007年からGMを務めて
いたフランク・レンを途中解任。後任には、
90年代の強豪インディアンズを創りあげた
『名GM』ジョン・ハートが就任。編成部の
トップに座る。ハートは2017年の新球場
移転を目安に、チームを再編させるとの事。
早速オフに入るとヘイワードを放出し、
先発のミラーを獲得。空いたライトにはFAで
マーケイキスを獲得した。ただ、年俸総額の
兼ね合いもあり、アップトン弟やギャティス
がトレードに出されるかもしれない。





【2】編集後記

レスターのカブス移籍を皮切りに、

各チーム、一気に動きが出てきましたね!

目立つのは、ホワイトソックス。例年に

なく積極的です。

来シーズン、ア・リーグ中地区が

激戦区になりそうですね!

Comment

No title
編集
いつも楽しく読ませて頂いています。

意外にATLはびっくりですね。
ヘイワードを放出するとは...。
GMが変わるというのは、
こういうことなのでしょう。

レスターが決まった後、
BOSはマイリー、マスターソン、
ポーセロと立て続けに獲得。
ローテーションが出来ちゃいました。
まだ動くかな?
2014年12月13日(Sat) 00:35
編集
チーム総決算編待ってました!
毎度のことながら情報が分かりやすくまとめられていてとても読みやすいです^_^

ストーブリーグからも目が離せませんね!!
2014年12月13日(Sat) 00:47
Re: タイトルなし
編集
>しゅーさん

コメント有難うございます!

総決算編は、30日間の長丁場ですが、
どうぞ気楽にお付き合いください^^;
2014年12月13日(Sat) 09:46
Re: No title
編集
>アルフォンサスさん

コメント有難うございます!

ATLは変わりそうです!
全く別のチームになるかも、ですね^^;

BOSは先発の補強に余念がないですね。
マスターソンはインディアンズかと
思っていましたが・・・・。
まだ動きそうな気配がしますね^^


2014年12月13日(Sat) 09:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31