野球人.com

TOP2014年 MLBチーム総決算編 ≫ 2014年MLBチーム総決算編【テキサス・レンジャース】野球人No.715

2014年MLBチーム総決算編【テキサス・レンジャース】野球人No.715


~期待のスラッガーが機能せず、投手陣も
崩壊。今オフは大きな補強はしない模様~


Leonys Martin 2014年総決算レンジャース 

【1】今日のチーム

テキサス・レンジャース

2014年度成績

[成績]67勝95敗
[順位]西地区5位
[得失点差]-136(15位)
[年俸総額]1億3352万ドル(10位)
[観客動員数]271万人(9位)
[監督]ロン・ワシントン
   ⇒ジェフ・バニスター
[GM]ジョン・ダニエルズ

打撃・走塁成績

[得点]637(10位)
[打率].256(6位)
[本塁打]111(14位)
[出塁率].314(9位)
[盗塁]105(5位)

投手・守備成績

[失点]773(14位)
[先発防御率]4.75(14位)
[救援防御率]4.02(11位)
[WHIP]1.41(15位)
[クオリティースタート]62回(15位)
[セーブ失敗]14回(13位)
[守備防御点]-43(11位)


【総括】

前年オフには、キンズラーを放出し、左の
大砲フィルダーを獲得。さらには
7年1億3000万ドルで韓国のスラッガー
秋(チュ)が加入。大きな期待を寄せた
シーズンだったが、開幕早々、フィルダーは
首を痛めて離脱。わずか42試合でシーズンが
終了した。秋も不振に陥り、全くの期待外れ。
投手陣に至っては悲惨な状況。先発投手が
相次いで故障で離脱し、ダルビッシュまでも
夏場にリタイア。主要な投手成績は、ほとんど
リーグ最下位か、ワースト2位といった有様。
そして以前から、球団上層部での権力争いが
取り沙汰されていたように、チームの雰囲気は
あまり良いとは言えない。9月に入ると
ワシントン監督が不可解な辞任を申し出る。
表向きは『家庭の事情』となっているが、
チーム内でゴタゴタがあったのは間違いない
ようだ。


【今オフの補強等】

GMのダニエルズは非常に優秀な人間では
あるが、ここ数年あまりよい噂を聞かない
のも事実。また、フィルダーと秋は、
莫大な契約が残っており、不良債権化の
懸念もある。今オフは、積極的な補強を
行わないとの事だが、崩壊した投手陣を
どのように立て直すかに注目したい。
年俸総額が1億ドル以上のチームなので、
来季もアストロズよりも下の順位であった
場合は、GMの首も危ういだろう。




【2】編集後記

今日で30球団総決算編は終了です。

こうやって纏めてみると、様々な

チーム状況が見えてきますね~。

上昇気運のチームもあれば、

将来のビジョンがはっきりしない

チームも・・・。3月には、30球団の

『2015年開幕直前戦力分析編』

お届けいたします。どうぞお楽しみに!

Comment

No title
編集
いつも楽しく読ませて頂いております。

好きなチームしかフォローしない者には、
(私ですが...)
大変貴重な特集です。頭が下がります。
お疲れさまでした。
開幕前の特集も楽しみにしております。

ところでプロ野球のFAに対する人的補償として、
19歳の有望株が指名された事が「驚き」、
とされています。
このルールがあまりよくわかりませんが、
2軍も含めたNPBの活性化につながるので、
「驚き」よりも「当然」になって欲しいです。
(長文すみません...)
2015年01月10日(Sat) 22:46
Re: No title
編集
>アルフォンサスさん

コメント有難うございます!

たしかに19歳がトレード相手になる事は、
MLBでは当たり前ですよね・・・^^;
おっしゃる通り、『当然』といった
風潮にならないと、活性化しませんね!
2015年01月11日(Sun) 10:53












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31