野球人.com

TOP2014年 MLBチーム総決算編 ≫ 2014年MLBチーム総決算編【シンシナティ・レッズ】野球人No.692

2014年MLBチーム総決算編【シンシナティ・レッズ】野球人No.692


~故障者続出で夏場に転落。
先発投手のFAが迫り、チーム再編か!?~


Johnny Cueto 2014年オフ総決算レッズ 
【1】今日のチーム


シンシナティ・レッズ

2014年度成績

[成績]76勝86敗
[順位]中地区4位
[得失点差]-17(8位)
[年俸総額]1億1417万ドル(11位)
[観客動員数]247万人(13位)
[監督]ブライアン・プライス
[GM]ウォルト・ジョケッティ

打撃・走塁成績

[得点]595(13位)
[打率].238(14位)
[本塁打]131(8位)
[出塁率].296(14位)
[盗塁]122(2位)

投手・守備成績

[失点]612(5位)
[先発防御率]3.37(3位)
[救援防御率]4.11(14位)
[WHIP]1.24(6位)
[クオリティースタート]103回(3位)
[セーブ失敗]19回(8位)
[守備防御点]+67(1位)


【総括】

2010年、12年、13年と、ここ5年で
3度プレーオフに進出し、期待が高かった
今シーズン。しかしながら開幕前にレイトスと
チャップマンが怪我で離脱。シーズンに入って
からも主力選手が相次いで故障し、ズルズルと
後退していった。そんな中、プライス新監督の
投手のやりくり上手さが際立った。先発の
クエトはサイ・ヤング賞級の活躍で20勝&
最多奪三振。セットアッパーのサイモンが
先発に転向し、15勝を挙げた。先発防御率
3.37(リーグ3位)は、プライス監督の
手腕が大きいだろう。


【今オフの補強等】

韋駄天のハミルトン等、将来を担う選手が
独り立ちしたものの、先発投手3人の
契約リミットが近い。

※ジョニー・クエト 2015年末FA
※マット・レイトス 2015年末FA
※マイク・リーク 2015年末FA


オフに入ると早速、サイモンをタイガースに
放出。チームが転換期を迎えているのは間違い
ない。ここ数年、総年俸も1億ドルを越えて
おり、中規模マーケットのレッズにとって、
これは予算オーバー。今オフ、ジョケッティ
GMがどのように舵取りするのかに注目が
集まる。




【2】編集後記
昨日は仕事で、とある式典に参加

しました。式典の最後には、

リンドバーグの渡瀬マキさんが

サプライズゲストで登場。

90年代初期の懐かしい曲を

歌ってくれました。

昔さながらの、とても

エネルギッシュな方でした!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31