野球人.com

TOP2014年 MLBチーム総決算編 ≫ 2014年MLBチーム総決算編【ミルウォーキー・ブルワーズ】野球人No.693

2014年MLBチーム総決算編【ミルウォーキー・ブルワーズ】野球人No.693


~ロケットスタート成功も、終盤に大失速。
限られた予算でどれだけ補強できるか?~


Jonathan Lucroy 2014年オフ総決算ブルワーズ 
 
【1】今日のチーム

ミルウォーキー・ブルワーズ

2014年度成績

[成績]82勝80敗
[順位]中地区3位
[得失点差]-7(7位)
[年俸総額]1億0339万ドル(16位)
[観客動員数]279万人(8位)
[監督]ロン・レネキー
[GM]ダグ・メルビン

打撃・走塁成績

[得点]650(6位)
[打率].250(8位)
[本塁打]150(5位)
[出塁率].311(8位)
[盗塁]102(5位)

投手・守備成績

[失点]657(6位)
[先発防御率]3.69(9位)
[救援防御率]3.62(9位)
[WHIP]1.25(7位)
[クオリティースタート]103回(3位)
[セーブ失敗]20回(6位)
[守備防御点]-5(11位)


【総括】

4月に抜群の成績を収め、ロケットスタートに
成功。2014年の『シンデレラチーム』
評された。薄い選手層の中で大健闘し、
8月末まで首位をキープ。しかしながら、
7月、9月と奇数月に大きく負け越し、
最後の最後で急失速。特に9月は9勝17敗
完全に息切れ。ワイルドカードどころか、
プレーオフ進出も逃してしまった。打撃陣では
捕手のルクロイが大ブレイク。先発陣も
粒ぞろいながら、大きく崩れる事は少なく、
試合をつくれる投手たちであった。ただ、
来季再び上昇するには、投打共に補強が
必要なのは間違いないだろう。


【今オフの補強等】

現在、MLB屈指の激戦区となったナ・リーグ
中地区。さらには今オフ、カブスが大型補強を
敢行し、ますます激しい戦いが予想される。
そんな中、中規模マーケットのブルワーズは
来期以降、苦しい展開が予想される。
今オフは目立った補強はしていないものの、
プレーオフに進出するには戦力不足の感は
否めない。FAとなったロドリゲスに代わる、
新たなクローザー探しも課題だ。




【2】編集後記

昨日の名古屋は、9年ぶりの

大雪に見舞われました^^;

積雪はおよそ25cm。

久々の銀世界でした。

子供たちは大喜びでしたが・・・^^;

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31