記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年MLBチーム総決算編【ボルチモア・オリオールズ】野球人No.701


~3年越しのチーム改革が実を結び、
17年ぶりの地区V。黄金期到来か!?~


Nelson Cruz 嬉しい誤算4  

【1】今日のチーム

ボルチモア・オリオールズ

2014年度成績

[成績]94勝66敗
[順位]東地区1位
[得失点差]+112(3位)
[年俸総額]1億0746万ドル(15位)
[観客動員数]246万人(位)
[監督]バック・ショーウォルター
[GM]ダン・デュケット

打撃・走塁成績

[得点]705(6位)
[打率].256(6位)
[本塁打]211(1位)
[出塁率].311(11位)
[盗塁]44(15位)

投手・守備成績

[失点]593(3位)
[先発防御率]3.61(5位)
[救援防御率]3.10(3位)
[WHIP]1.24(6位)
[クオリティースタート]78回(12位)
[セーブ失敗]19回(7位)
[守備防御点]+49(1位)


【総括】

デュケットGMとショーウォルター監督が
コンビを組んで3年目。二人三脚で取り組んで
いたチーム改革が、ついに実を結んだシーズン
だった。昨年の本塁打王デービスは大不振に
陥ったものの、新加入のクルーズが見事に
カバー。40本塁打を放ち本塁打王を獲得。
その脇をオールラウンダーのジョーンズ、
堅実なマーケイキスで固め、リーグ3位の
OPS.734を記録した。また、新守護神
ブリットンを中心に、救援陣が活躍。
救援防御率3.10はリーグ3位であった。
シーズン終盤は、ウィーターズ、マチャド、
デービスを欠きながらも、リーグチャンピオン
シップシリーズまで進出。ロイヤルズに敗れた
ものの、大健闘と言える1年であった。


【今オフの補強等】

ショーウォルター監督の采配が評価され、
自身3度目の最優秀監督賞を受賞。怪我人
続出の中、ここまで勝ち抜けたのはやはり
この男の手腕だろう。ただ、今オフは
クルーズとマーケイキスが去り、外野陣が
手薄な状況に。また先発のヒメネスも不良債権
になる恐れも。オフに入って目立った動きは
ないものの、今後デュケットGMがこの辺りを
どのように補強してくるかに注目だ。






【2】編集後記

今日からお正月休みの方が多いの

ではないでしょうか?

我が家は28日、29日に東京に

遊びに行こうかと思っています。

皆さんも、良い休日をお過ごし

くださいm(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マツダ タクヤ

Author:マツダ タクヤ
過去にロサンゼルス在住。

トニー・タラスコ(元阪神)の実家に
ホームステイしてました。

基本的に朝7:00に
コラムをアップします。

スポーツWebサイト
『ベースボールチャンネル』で
MLBのコラムを書いております。

どうぞお付き合いくださいませ。

忍者アナライズ

忍者カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。