野球人.com

TOP2014年 MLBチーム総決算編 ≫ 2014年MLBチーム総決算編【ニューヨーク・ヤンキース】野球人No.703

2014年MLBチーム総決算編【ニューヨーク・ヤンキース】野球人No.703


~5億ドル補強も実らず、2年連続でPO逸。
黒田が去り、先発がさらに手薄に~


CC Sabathia 2014年総決算ヤンキース 

【1】今日のチーム

ニューヨーク・ヤンキース

2014年度成績

[成績]84勝78敗
[順位]東地区2位
[得失点差]-31(10位)
[年俸総額]1億9723万ドル(2位)
[観客動員数]340万人(3位)
[監督]ジョー・ジラルディ
[GM]ブライアン・キャッシュマン

打撃・走塁成績

[得点]633(13位)
[打率].245(11位)
[本塁打]147(7位)
[出塁率].307(14位)
[盗塁]112(3位)

投手・守備成績

[失点]664(8位)
[先発防御率]3.77(7位)
[救援防御率]3.70(8位)
[WHIP]123(5位)
[クオリティースタート]83回(9位)
[セーブ失敗]21回(3位)
[守備防御点]-3(5位)


【総括】

前年オフ、マッキャン、エルズベリー、
ベルトラン、そして田中と、約5億ドル
つぎ込む大型補強。さらにはジーターが
引退表明と、シーズン前から様々なニュースを
振りまいてくれたヤンキース。しかし蓋を
開けてみると、昨年以上に苦しいシーズンと
なった。失速の要因は先発投手。サバシア、
ノバ、ピネイダが次々と離脱。前半戦は
サイ・ヤング賞級の活躍をしていた田中まで
もがヒジを痛めた。先発投手の層の薄さは、
開幕前から指摘されていたが、案の定、脆さを
露呈してしまった。期待されていたFA加入組
イマイチの働き。これだけカネをかけたにも
かかわらず、リーグワースト3位の663得点
終わった。


【今オフの補強等】

オフに入り、ジーターの後釜として若手の
D.グレゴリアスを獲得。また、サードの
C.ヘッドリーとも再契約。ただ、懸念されて
いた先発投手の整備は進んでいない。
C.カプアーノとは再契約したが、エース級の
働きをしていた黒田に去られた事は、非常に
痛い。大物FA投手のシャーザーとシールズの
どちらかを狙っているのは間違いなく、
水面下でマネーゲームを繰り広げている。




【2】編集後記

黒田投手が広島に電撃復帰!

いやぁ~、男気を見せましたね。

ただ、MLBファンの私にとって

ピンストライプの黒田をもう少し

見たかったなぁ~、とも思って

しまい、複雑な気持ちです^^;

(広島ファンの方、すいません!)

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31