野球人.com

TOPスポンサー広告 ≫ 2014年MLBチーム総決算編【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.709TOP2014年 MLBチーム総決算編 ≫ 2014年MLBチーム総決算編【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.709

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

2014年MLBチーム総決算編【カンザスシティ・ロイヤルズ】野球人No.709


~スピード&ディフェンスで悲願のWS進出。
エースがFAも、引き続き若手に期待~


Royals World series 2014年総決算ロイヤルズ 

【1】今日のチーム

カンザスシティ・ロイヤルズ

2014年度成績

[成績]89勝73敗
[順位]中地区2位
[得失点差]+27(7位)
[年俸総額]9218万ドル(19位)
[観客動員数]195万人(25位)
[監督]ネッド・ヨスト
[GM]デイトン・ムーア

打撃・走塁成績

[得点]651(9位)
[打率].263(2位)
[本塁打]95(15位)
[出塁率].314(10位)
[盗塁]153(1位)

投手・守備成績

[失点]624(4位)
[先発防御率]3.60(4位)
[救援防御率]3.30(5位)
[WHIP]1.26(7位)
[クオリティースタート]95回(2位)
[セーブ失敗]12回(15位)
[守備防御点]+40(2位)


【総括】

前年は『勝負モード』にギアを切り替え、
10年ぶりに勝ち越し。2014年も引き続き
強豪タイガースの背中を追った。スピードと
ディフェンスを重視した野球は、一発はない
ものの、粘り強さが光る。盗塁数153
両リーグダントツNo.1。また、ケインを
中心とした外野手も鉄壁を誇り、再三チームの
危機を救った。しかし何と言っても救援陣の
安定感は群を抜いていた。ヘレーラ、
デービス、ホランドのリレーは間違いなく
ここ数年でトップクラス。結局、地区Vこそ
タイガースに譲ったものの29年ぶりの
プレーオフ進出。その後、勢いに乗った
ロイヤルズはポストシーズンで大躍進。
破竹の8連勝で見事ワールドシリーズに進出。
カフスマンスタジアムを青一色に染め上げた。
結果、惜しくもジャイアンツに敗れはしたが、
2014年の最も印象的なチームであった。


【今オフの補強等】

2年前、有望株を放出して獲得した右腕
シールズがFAに。打撃陣でも青木とバトラー
の契約が満了。チームは転換期を迎えている。
しかしながらムーアGMは2015年も勝ちに
行く姿勢を見せている。オフに入ると
スイッチヒッターのモラレス、俊足強打の
リオス、昨年13勝のボルケスを獲得。
戦力の低下を予算内で何とか防いでいる。
先発では若き剛腕のベンチュラに期待。
平均球速96.8マイルは先発投手No.1。
まだ23歳という事もあり、伸びしろは
大きい。来季以降、ロイヤルズの新エース
として期待したいところ。




【2】編集後記

今日が最後のお休みの方も

多いのではないでしょうか。

私も明日から仕事始めです!

今晩は中学時代の友人たちと

新年会ですが、翌日のことを

考えると、お酒はちょっと控えめ

の方がよさそうです^^;

Comment

編集
世界一ジャイアンツよりも2014年一番印象に残ったチームです。一発は少ないけど走って守っていいチームでしたね。バトラーの代わりがモラレスは良しとしても、青木の代わりがリオスになってカラーが変わらなければよいですが…
2015年01月04日(Sun) 10:42
Re: タイトルなし
編集
>ネッピーさん

コメント有難うございます!

おっしゃる通り、私もその点が
心配です^^;

スモールボールという、ロイヤルズ
最大の強みがなくならければ良いの
ですが・・・。
2015年01月04日(Sun) 14:14












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。