野球人.com

TOP2014年 MLBチーム総決算編 ≫ 2014年MLBチーム総決算編【ヒューストン・アストロズ】野球人No.711

2014年MLBチーム総決算編【ヒューストン・アストロズ】野球人No.711


~100敗以上は3年連続でストップ。
最下位も脱出し、確かな光が差し込む~


Jose Altuve 2014年総決算アストロズ 

【1】今日のチーム

ヒューストン・アストロズ

2014年度成績

[成績]70勝92敗
[順位]西地区4位
[得失点差]-94(13位)
[年俸総額]5048万ドル(29位)
[観客動員数]175万人(26位)
[監督]ボー・ポーター
[GM]ジェフ・ルーノー

打撃・走塁成績

[得点]629(14位)
[打率].242(15位)
[本塁打]163(3位)
[出塁率].309(13位)
[盗塁]122(2位)

投手・守備成績

[失点]723(12位)
[先発防御率]3.82(9位)
[救援防御率]4.80(15位)
[WHIP]1.34(12位)
[クオリティースタート]87回(5位)
[セーブ失敗]26回(1位)
[守備防御点]-16(8位)


【総括】

ア・リーグ西地区に移転して2年目。現在、
再建計画の真っただ中で、戦力的には3A
レベルと揶揄されてきた。しかしながら、
打撃成績、投手成績の殆どがリーグ最下位
だった2013年に比べ、2014年はかなり
レベルアップ。なかでもアルトゥーベが
MLBを代表する野手へと成長。
打率.341、225安打、56盗塁は、
いずれもリーグNo.1。また先発のカイコ、
マクヒューも2ケタ勝利を挙げ、ブレイク。
チーム成績もレンジャースを抜き、最下位を
脱出。100敗も3年連続でストップさせた。
若手たちが着実に成長し、確かな手ごたえを
感じさせるシーズンであった。


【今オフの補強等】

得点数はリーグ14位、チーム打率はリーグ
最下位に終わった為、打線の強化は急務。
主砲のカーターをはじめ、一発はあるものの、
得点効率は非常に悪い。オフに入るとロウリー
を獲得した程度で目立った補強はしていない。
ただ、中途半端なベテランを獲得するよりは、
豊富な有望株を積極的に起用していきたい
ところ。優勝争いに加わるにはまだ数年
かかると思われるが、更なる若手の成長に
期待したい。






【2】編集後記

はねるのトびら等に出演していた

お笑い芸人の『ロバート』。

その1人の山本博が、プロボクシングの

ライセンスを取り、見事デビュー戦で見事

勝利を収めました。

私もボクシングのトレーニングを

しておりますが、やはり彼の動きは

なかなかいいですね^^

36歳からの挑戦ですが、この調子で

頑張って欲しいです。

私もトレーニングのモチベーションが

上がりました!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31